Uー17W杯での活躍が期待されるハンブルクのアープ - © imago
Uー17W杯での活躍が期待されるハンブルクのアープ - © imago

アープ、サンチョらがUー17W杯へ

ブンデスリーガの将来を担う若手選手たちが10月にインドで開催されるUー17ワールドカップの各国代表メンバーに続々と名を連ねている。Uー17W杯には各大陸予選を勝ち抜いた24カ国が参加。グループCに入ったドイツはグループステージでイラン、ギニア、コスタリカと対戦する。

Uー17ドイツ代表メンバーは、21人のうち20人がブンデスリーガ所属選手。中でも注目はハンブルガーSVのFWヤンフィーテ・アープだ。アープは昨季、ハンブルクのUー19チームで25試合28得点を記録。今季も9月23日のハノーファー戦で1試合4得点を挙げるなど、Uー19チームの3試合で7得点を挙げる活躍を見せている。今年5月のUー17欧州選手権では大会史上初となる2度のハットトリックを達成。今オフはトップチームにも帯同し、プレシーズンマッチに出場していた。

- © imago
- © imago