首位ドルトムントは敵地マインツ戦に臨み2ー1で勝利した - © gettyimages / Daniel Roland
首位ドルトムントは敵地マインツ戦に臨み2ー1で勝利した - © gettyimages / Daniel Roland
ブンデスリーガ

アルカセルが8度目ジョーカーゴール、ドルトムント今季無敗守る

ブンデスリーガ第12節2日目が11月24日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でマインツと対戦し、2ー1で勝利した。香川はベンチ外だった。 マインツ 1ー2 ドルトムント

互いにチャンスを作りつつ前半はスコアレスで終了するも、後半に入り66分、スルーパスに抜け出したロイスがペナルティーエリア右からグラウンダーの横パス。64分に途中出場したばかりのアルカセルがこれをダイレクトで無人のゴールに流しこむ。

マインツもその4分後、ハックの縦パスがヴィツェルの足に当たってコースが変わり、幸運にもクアイソンへのスルーパスとなる。そしてGKビュルキの飛び出してきたところをクアイソンが冷静に沈め、試合は振り出しに戻った。

- © gettyimages / Matthias Hangst
- © gettyimages / Matthias Hangst