Summary

  • シャルケ加入のフランス人MFアミーヌ・アリのインタビュー
  • サイドアタッカーとして期待される20歳の有望株
  • ライプツィヒのジャンケビン・オギュスタンとは親友

内田篤人が所属するシャルケはこの夏、フランスのナントから20歳のMFアミーヌ・アリを獲得した。巧みなドリブルとスピードを持ち味とするサイドアタッカーがインタビューに応じ、ブンデスリーガのこと、そして心待ちにする“親友との対戦”について語った。

――シャルケに合流してだいぶ経ちましたが、新チームはどうですか?

アリ とても幸せだよ。フランス語を話せるベンジ(ベンジャミン・スタンブリ)、ナビル(ベンタレブ)、ブレール(エンボロ)のおかげでチームに馴染むのも楽だった。いつも力になってくれるナルドもいる。監督もフランス語が分かるからとても助かっている。チームの雰囲気も最高だね。僕はまだ若く、これが初めての国外移籍だけど、すごく居心地がいいし、想像していたような不安は全くなくなった。

――チームのクオリティをどのように評価していますか?

アリ クオリティの高さは言うまでもないよ。テストマッチもいい結果が出ているしね。ただ、本当の力は実際に開幕して何試合か戦って見ないと分からない。それでも、このチームがある程度の結果を残せることには確信を持っている。

――具体的に言うと?

アリ 残念ながら今季は欧州カップ戦に出られないけど、来季は出場できるよう全力でやっていく。ブンデスリーガは各チームの力が拮抗していて、欧州カップ戦の出場権を得るためにはハードな練習を重ねていかないといけない。

――ドメニコ・テデスコ監督の印象はどうですか?

アリ とてもポジティブだね。コミュニケーションをとても大事にしていて、個別に話をする機会も多いんだ。例えば、昼食の時に僕のところにきて、直前までの練習で改善できた点などを説明してくれたりね。たくさんのアドバイスをくれる監督だよ。まだ若いけど、強い向上心を常に感じることができる。彼と一緒にチームは前進していけるはずだ。

© gettyimages / Power Sport Images

――今夏はドイツの複数クラブがあなたの獲得に乗り出していました。ブンデスリーガのプレースタイルに適した選手として評価されたわけですが、このリーグをどう見ていますが?

アリ テレビでブンデスリーガを見ていると、いつも攻撃的でスペクタクルな印象を受けるね。プレスも激しく、見ていてとても楽しい。それから、ほとんどのスタジアムが満員で、どこにでもサッカーを楽しむ観客がいる。それは本当にすごいことだと思う。ブンデスリーガは攻撃的なリーグだから、僕自身も次のステップに進むことができると信じているよ。

――開幕戦は昨季2位のライプツィヒをホームに迎えての一戦です。ホームデビュー戦にどんな期待を抱いていますか?

アリ 初戦からいきなりトップチームとの対戦だね。ライプツィヒは欧州カップ戦を争うライバルになると見ている。彼らが欧州チャンピオンズリーグに出場するのは決してまぐれじゃない。そうそう、ライプツィヒはジャンケビン・オギュスタンという強力なストライカーを補強したけど、彼は僕の親友なんだ。

――オギュスタンはどんな選手ですか?

アリ オギュスタンの強みはスピード、対人の強さ、得点力。彼は間違いなく次の世代のベストストライカーの一人さ。ブンデスリーガを代表する選手になるはずだよ。フェルティンズ・アレーナでの初めての試合で、彼と対戦するというのはちょっと不思議な感じがするね。もう開幕戦が待ちきれないよ!