今冬にドルトムントへの加入が決まったスイス代表DFマヌエル・アカンジ - © © Borussia Dortmund
今冬にドルトムントへの加入が決まったスイス代表DFマヌエル・アカンジ - © © Borussia Dortmund
ブンデスリーガ

ドルトムントの新戦力マヌエル・アカンジについて知っておくべき10項目

香川真司が所属するドルトムントが1月15日、スイス王者のバーセルから若手センターバックのマヌエル・アカンジ(22)を獲得した。隣国からやってきた有望株はいったいどんな選手なのか。アカンジについて知っておくべき10項目をご紹介する。

1)スポーツ一家

アカンジの父はナイジェリア出身の金融エキスパートだが、若い頃はアマチュアのサッカー選手で現在も趣味としてサッカーを楽しんでいる。そんな父親を持つアカンジのミドルネーム「オバフェミ」は、かつてインテル(イタリア)やニューカッスル(イングランド)、ウォルフスブルクなどで活躍したオバフェミ・マルティンス(現・上海申花)から来ている。スイス人の母はテニス経験があり、姉もスポーツ選手。また、もう一人の姉ザラはスイスリーグ2部のFCヴィンタートゥールでプレーしている。

2)ヴィンタートゥールからバーゼルへ

アカンジはヴィーゼンダンゲンで生まれ、FCヴィンタートゥールのユースからトップチームに昇格。その後、2015年に19歳でスイスの名門バーゼルに引き抜かれた。最初のシーズンはケガによる長期離脱でリーグ戦の出場は8試合にとどまったものの、2年目以降に注目を集めるようになった。

3)タイトル獲得

バーゼルでは加入1年目にリーグ優勝を経験。2016/17シーズンには公式戦18試合に出場してリーグとカップの二冠に貢献した。今季はドルトムント行きが決まるまでに欧州チャンピオンズリーグ(CL)を含む公式戦28試合に出場している。

- © imago
- © imago / Geisser
- © gettyimages / FABRICE COFFRINI