Summary

・ブンデスリーガ第13節最終日、アウクスブルク対フランクフルト

・フランクフルトが11分に先制も、前半のうちにアウクスブルクが追いつく

・宇佐美は2試合連続で後半途中からピッチへ、長谷部は6試合連続フル出場

12月4日、ブンデスリーガ第13節最終日が行われ、宇佐美貴史が所属するアウクスブルクは、長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトと本拠地で対戦し、1ー1で引き分けに終わった。宇佐美は74分に交代出場し、2試合連続でピッチに立ったが得点に絡むことはできなかった。また3バックの中央に入った長谷部は6試合連続でフル出場している。

アウクスブルク 1ー1 フランクフルト

立ち上がり、試合を優勢に進めたのは、バランスの取れたポジショニングでボールを回すフランクフルトだった。最初のチャンスは10分、右サイドからのクロスにマイヤーが頭で合わせたが、これはアウクスブルクのGKヒッツにキャッチされている。

だが、そのわずか1分後、マイヤーがロングボールを頭で流し、それを受けたルゴタが巧みなコントロールからシュートをゴール右隅に決め、フランクフルトが先制点を奪う。

© gettyimages / Johannes Simon

1点を追うアウクスブルクも前線に人数を掛け攻勢に出ると、27分には右からシュミードがクロスを入れるが、ニアサイドで待ち構えていた長谷部が難なく処理した。

すると34分、アウクスブルクのCKからゴール前で競り合いとなり、こぼれ球をチがミドルシュート。これがゴールネットを揺らし、試合は1ー1の同点になる。

後半に入り、両者一歩も譲らない展開が続いていたが、66分にはゴール手前5mの位置からマイヤーがシュート。しかしアウクスブルク守備陣がゴールラインぎりぎりでボールをかき出した。

1-1のまま迎えた74分には宇佐美がピッチへ登場。左サイドMFの位置に入り、相手に激しいプレッシャーをかけるなど、良い動きを見せるが、ボールに触れる機会はなかなか巡ってこない。

両者とも勝ち点3を目指し、最後まで積極的にゴールを目指したが、このまま試合は1ー1で終了。アウクスブルクは3試合連続の引き分けとなり、直近4試合で負けなし。またフランクフルトの4連勝はならず、ホッフェンハイムに抜かれ5位に後退している。

【得点】

アウクスブルク:チ(34分)
フランクフルト:ルゴタ(11分)

【ラインナップ】

アウクスブルク(4ー2ー3ー1)
ヒッツ;フェアハーク、ヤンカー、ヒンテレッガー、スタフィリディス;コア、バイヤー(90分 カチャル);シュミード(83分 タイグル)、アルティントップ、マックス(74分 宇佐美)、チ

フランクフルト(3ー1ー4ー2)
フラデツキー;アブラハム、長谷部、バジェホ;マスカレル;チャンドラー、ガチノビッチ(62分 バルコク)、フスティ(74分 ヘクター)、オチプカ;ルゴタ(87分 セフェロビッチ)、マイヤー