アウクスブルクは今季初の1試合4ゴールを記録し残留争いライバルのハンブルクを4ー0で退けた - © imago / ActionPictures
アウクスブルクは今季初の1試合4ゴールを記録し残留争いライバルのハンブルクを4ー0で退けた - © imago / ActionPictures
ブンデスリーガ

アウクスブルクが残留圏に浮上、ハンブルクは16位後退

ブンデスリーガ第31節最終日が4月30日に行われ、宇佐美貴史が所属するアウクスブルクは本拠地で、酒井高徳のハンブルガーSVと対戦し、4ー0で勝利した。宇佐美はベンチ外、酒井はボランチでフル出場している。 アウクスブルク 4ー0 ハンブルガーSV

入れ替え戦にまわる16位アウクスブルクと、連敗中の15位ハンブルクの一戦は、前者が立ち上がりから主導権を握る。7分、パスコースを探す酒井からボールを奪ったコアが自ら持ち運び、ペナルティーエリア手前で強烈なシュートを放つ。しかしこれはコースが甘かったため、ハンブルク守護神ミケルが横に飛んでセーブした。

続く18分、最終ラインの裏へロビングパスを送りシュミードがゴール前へ入っていくも、ミケルが良い判断で前へ飛び出し、パンチングでクリア。さらにその4分後にはフィンボガソンのミドルシュートが左ポストを直撃するなど、アウクスブルクに得点のにおいが漂うようになる。

そして28分、激しいプレッシングでシュミードがオスチョレクからボールを奪い取ると、そこからのセンタリングに合わせたのはアルティントップ。ゴール前で綺麗にネットへ流しこみ、アウクスブルクが先制点を決めた。

さらに42分、フィンボガソンとの長いワンツーで左サイドを抜け出したマックスが、シュート気味のグラウンダーセンタリング。これをファーサイドに走り込んだアルティントップがネットに突き刺し、リードは2点に広がった。

- © imago / Eibner
- © imago / DeFodi