レーバークーゼンには2016/17シーズンの全試合に“足を運んでくれた”特別なサポーターがいた
レーバークーゼンには2016/17シーズンの全試合に“足を運んでくれた”特別なサポーターがいた
ブンデスリーガ

レーバークーゼンサポーターの物語

2016/17シーズンのブンデスリーガで全試合に出場した選手はわずか6人。オリバー・バウマン(ホッフェンハイム)、ラルフ・フェアマン(シャルケ)、ルン・ヤルステイン(ヘルタ・ベルリン)、アレクサンダー・シュボロー(フライブルク)、ヤン・ゾマー(メンヘングラートバッハ)、ベアント・レノ(レーバークーゼン)と全員がGKである。GKにとってシーズンの全試合に出場するのはさほど難しいことではないかもしれない。しかし、そうした選手とは別に、困難を乗り越えてすべての試合に足を運んだサポーターがいた。

レーバークーゼンを応援する盲目のサポーター

ゲハート・シュトルさんは2016/17シーズンのレーバークーゼンの試合をホーム、アウェー問わず、すべてスタジアムで応援したという。そうした熱心なサポーターは他にも数多くいるはずだが、ケルン近郊に住むシュトルさんは特別なサポーターだ。13歳の時に視力を失ったのである。

シュトルさんはレーバークーゼンの選手のことをすべて知っているが、レノのセーブを一度も見たことがない。チチャリートの活躍も言葉でしか聞いたことがない。それでも、言葉を聞けば雰囲気をつかんで頭の中で再現することができる。「スタジアムにいる時、私の頭の中には常に映像が流れています。それはまだ目が見えていた頃、つまり1970年代や1980年代の映像ですけどね」

ケルンで生まれたシュトルさんは、幼い頃からサッカーの魅力にとりつかれ、当初はフォルトゥナ・ケルンの試合を追いかけていた。しかし、視力を失った後の1999/2000シーズン、レーバークーゼンがスタジアム内で実況を行うという視覚障害者のための革新的な設備を整えたと知り、応援するチームを変えることになる。

シュトルさんはこのサ-ビスの恩恵を受けるだけでなく、今日に至るまで同じ障害を持つサポーターのためのアドバイスを行い、実況の向上に貢献してきた。今ではブンデスリーガおよびブンデスリーガ2部の大半のクラブが同様のサービスを実施するようになったが、シュトルさんはその実現に向けて働きかけてきた全国規模の団体に1999年から所属している。