ウォルフスブルクはリーグ戦直近6試合連続で引き分けという結果に終わっている - © imago
ウォルフスブルクはリーグ戦直近6試合連続で引き分けという結果に終わっている - © imago
ブンデスリーガ

「数字」で見るブンデスリーガ第10節

今シーズン初めて首位に立ったバイエルン・ミュンヘン、引き分けが続くウォルフスブルクなど、ブンデスリーガ第10節を数字で振り返る。

1

バイエルンは今シーズンめて順位表で首位に立った。それと同時にドルトムントはの首位陥落。

2

マインツのシュテファン・ベルは、ブンデスリーガで2度目のオウンゴールを記録。2016年4月24日に初めてオウンゴールした時の相手も、今回と同じアイントラハト・フランクフルトだった。

3

レーバークーゼンは2017年に入り、初の公式戦3連勝

6

マーティン・シュミット監督率いるウォルフスブルクは、ブンデスリーガ直近6試合連続で引き分けとなった。

- © imago
- © gettyimages