ドルトムントのブンデスリーガ通算3000ゴール目を挙げたプリシッチ - © © imago
ドルトムントのブンデスリーガ通算3000ゴール目を挙げたプリシッチ - © © imago
ブンデスリーガ

「数字」で見るブンデスリーガ第5節

ドルトムントの記録ラッシュに沸いた第5節。今季初先発の香川真司はクラブのメモリアルゴールこそわずかな差で逃したが、長年ブンデスリーガで活躍してきた足跡をしっかりと刻みつける一発を決めた。第5節に生まれた数字の数々……まずはあのスーパースターからスタート!

「1」

バイエルン・ミュンヘンのハメス・ロドリゲスが「ブンデスリーガ通算1本目のシュートで初ゴール」をマーク

「3」

アウクスブルク「マヌエル・バウム監督体制下で初の3連勝」を達成

「3」

アイントラハト・フランクフルトケルンに1ー0で勝利し、クラブ史上初の「アウェー開幕3試合連続無失点」を達成

「4」

ヘルタ・ベルリンのマシュー・レッキーがレーバークーゼン戦で「自己最多のシーズン4点目」をマーク。これまで在籍したメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)とインゴルシュタットではリーグ戦通算71試合に出場してわずか3ゴールだった

「5」

ドルトムントがクラブ史上初の「開幕5試合連続無失点」を達成。5試合連続のクリーンシートはシーズン途中を含めても初めてのこと

- © imago / Thomas Bielefeld
- © gettyimages
- © gettyimages
- © gettyimages