ボルシアMG戦で3試合3ゴールと相性の良さを見せつけたライプツィヒのウェアナー - © imago
ボルシアMG戦で3試合3ゴールと相性の良さを見せつけたライプツィヒのウェアナー - © imago
ブンデスリーガ

「数字」で見るブンデスリーガ第4節

王者バイエルン・ミュンヘンが4発を叩き込んでマインツに圧勝。その陰であの守護神の悲願はまたも叶わなかった。今季初勝利を目指したブレーメンはとことんツキに見放されてブンデスリーガワースト記録を更新……。悲喜こもごもがあった第4節を数字で振り返る。

「0」

ドルトムントがクラブ史上2度目となる「開幕4試合連続無失点」を達成。1度目の2001/02シーズンにはリーグ優勝を果たしている

「1」

ブレーメンのミロス・ベリコビッチが今季のブンデスリーガで「初のオウンゴールを献上」

「2」

アウクスブルクがブンデスリーガではクラブ史上初となる「1試合2本のミドルシュート」を決めた

「3」

ハノーファーのマーティン・ハーニクが「今季3ゴール目」を挙げ、前回ブンデスリーガでプレーしていた2015/16シーズン(シュトゥットガルトに所属)の19試合2ゴールを早くも上回った

- © gettyimages / Martin Rose
- © gettyimages / Martin Rose
- © imago
- © imago / Ulmer