Summary

  • ブンデスリーガ第11節を「数字」で振り返る
  • ドルトムントは2年半ぶりのリーグ戦連敗
  • ハンブルクは本拠地500勝目

ドルトムント2年半ぶりの苦杯、本拠地500勝のハンブルガーSVバイエルン・ミュンヘン所属アリエン・ロッベンの新記録樹立など、ブンデスリーガ第11節を数字で振り返る。

0

今シーズンここまで毎節、少なくとも1度はあったジョーカーゴール。しかし第11節は初めてそれが0だった。

2

バイエルンに敗れたドルトムントは、約2年半ぶりのブンデスリーガ2試合連続黒星となった。(最後のリーグ戦連敗はユルゲン・クロップ監督が率いていた2014/15シーズン第27&28節)

3

シャルケは今季アウェー戦3勝目。昨シーズン敵地で記録した白星の数に早くも並んだ。

6

レーバークーゼンのケビン・フォラントは、昨季の自身の記録に並ぶ6ゴール目をマーク。

6

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)はベスターガードのゴールで1ー1の引き分けに持ち込んだ。同クラブはDFによる得点が、リーグ最多の6となっている。

© imago / Jan Hübner

7

バイエルンはユップ・ハインケス監督就任後の公式戦7試合で全勝。

11

マインツは昨季から続きアウェー戦11試合連続勝ち星なし。

12

シュトゥットガルトのジェニス・ブルニッチは、ハンブルク戦の開始12分に2度目のイエローカードをもらい退場。警告2枚による退場の、ブンデスリーガ最速記録に並んだ。(当時ハノーファー所属のマメ・ディウフが、2013/14シーズン第10節ホッフェンハイム戦の開始12分に、2回目の警告を受けて退場している)

14

ブレーメンは昨季も含めリーグ戦直近14試合で勝利から見放されている。同クラブ史の連続未勝利記録を更新してしまった。

16

アウクスブルクは現在勝ち点16。第11節終了時では、同クラブ過去最高の成績。

59

ハノーファーのジョナタスは約59分に1度の割合でゴールに絡んでいる。(出場時間356分、3ゴール3アシスト)

© gettyimages

93

ロッベンはブンデスリーガ通算93得点目をマーク。これでジョバンニ・エウベルを抜き、バイエルン歴代外国籍選手の最多得点記録保持者となった。

162

バイエルンのロベルト・レバンドフスキはリーグ通算162得点目。ブンデスリーガ歴代得点ランキングで、同クラブの現社長カールハインツ・ルンメニゲ氏と並ぶ11位に入った。

461

アーロン・ハントのゴールにより、ハンブルクのホーム無得点記録は461分でストップ。

500

ハンブルクはリーグ戦での本拠地勝利が500に到達。過去にこれを達成したのはバイエルンとブレーメンのみ。

906

ライプツィヒ対ハノーファーは、ブンデスリーガ史上906組目の対戦カード。