ブンデスリーガ

「デア・クラシカー」の珍事5選

3月31日のブンデスリーガ第28節2日目に、香川真司が所属するドルトムント対バイエルン・ミュンヘンの「デア・クラシカー」が開催される。ドイツサッカー界の両雄が激突する大一番を前に、本稿では過去の「デア・クラシカー」から珍事件を厳選。そのうち5つの出来事を動画と下記説明文で紹介していく。

【5位:喜びのあまりメガネを破壊】

2010/11シーズン後半戦、ドルトムントはヌリ・シャヒンらのゴールで、バイエルン相手に3ー1の白星を飾った。すると試合後、歓喜の輪に飛びついたシャヒンの腕が、ユルゲン・クロップ監督の顔面を直撃。指揮官がかけていた眼鏡は見事破壊されてしまったが、後に優勝を飾ったシーズンということもあり、その記念として現在はドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パーク併設のクラブ博物館に展示されている。

【4位:キックミスでボールが頭部直撃】

ローマン・バイデンフェラーが前線へ思い切りボールを蹴ったところ、あろうことかヘンリク・ミキタリアンの後頭部にヒット。予期せぬ衝撃を受けた同選手はピッチ上に倒れこんでしまった。2014/15シーズン前半戦の「デア・クラシカー」での出来事。

- © imago / Team 2