バイエルンは伝統の一戦「デア・クラシカー」での優勝決定を目指す
バイエルンは伝統の一戦「デア・クラシカー」での優勝決定を目指す
ブンデスリーガ

バイエルンは本拠地アリアンツ・アレーナで優勝を決められるのか?

インターナショナルウィーク明けの3月31日、ブンデスリーガ第28節でバイエルン・ミュンヘン対ドルトムントの「デア・クラシカー」が行われる。世界中が注目する伝統の一戦は今回、別の意味でも大きな注目を集めている。バイエルンが初めてアリアンツ・アレーナでリーグ優勝の瞬間を迎えることになるかもしれないからだ。

バイエルンはこれまでブンデスリーガ最多26回の優勝を誇り、2005年にアリアンツ・アレーナが完成してからもすでに8回の優勝を飾っている。しかし、なぜかホームで優勝決定の瞬間を迎えたことがない。

ライプツィヒと敵地で対戦した前節も優勝決定の可能性があったが、2位シャルケと3位ドルトムントがともに勝利したことで優勝は持ち越し。結果として、アリアンツ・アレーナで初めて優勝決定の瞬間を迎えるチャンスが巡ってきた。GKスベン・ウルライヒは「当然だけど、できるだけ早く優勝を決めたいと思っている。ドルトムントに勝って優勝が決められるよう願っているよ」と意気込む。

バイエルンの優勝決定の条件は、まずデア・クラシカーの3時間前に行われるシャルケ対フライブルクでシャルケが引き分け以下で終えること。その上でバイエルンがドルトムントを下せば史上初のブンデスリーガ6連覇が決まる。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / Matthias Hangst