Summary

  • ブンデスリーガ6連覇を目指す王者バイエルン
  • 大物ハメスが加入。陣容は依然として国内最強
  • アンチェロッティ監督にはCL制覇の期待もかかる

前人未到の5連覇を達成し、今季も各クラブから追われる身となったバイエルン・ミュンヘン。ブンデスリーガ6連覇と欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指すドイツの盟主は今季も優勝トロフィーの数を増やすことができるのだろうか。その可能性を探ってみた

補強(IN&OUT)

例年どおり、国内最強と言える陣容を整えたが、フィリップ・ラームとシャビ・アロンソの引退でチームの「経験」が失われたのは確かだろう。ラームとアソンソは2人で約1300試合出場という膨大な経験値を誇っていた。

今夏はクラブ史上最高額の移籍金でリヨンからコランタン・トリッソを獲得。また、ホッフェンハイムからゼバスティアン・ルディとニクラス・ズューレを加えて守備面も強化した。ユベントスからの期限付き移籍だったキングスレイ・コマンの完全移籍が合意したことも大きなニュースだろう。

もっとも、攻撃面における最大のトピックスはハメス・ロドリゲスの獲得だ。2年間の期限付き移籍でレアル・マドリードからコロンビア代表MFを補強した一方、ドグラス・コスタを期限付きでユベントスに放出した。また、ブレーメンから獲得したセルジュ・ニャブリは、ホッフェンハイムへの期限付き移籍の形でいったんチームを離れている。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

監督

カルロ・アンチェロッティ監督はバイエルンでの最初のシーズンで見事にブンデスリーガ制覇を達成。自身にとってはイタリア、イングランド、フランスに続いて欧州主要リーグ4カ国目のリーグ優勝となった。しかしながら、首脳陣が指揮官に期待するのは、アンチェロッティにとって3度目、クラブにとっては6度目となるCL制覇だ。

鋭い戦術眼を持ち、冷静で落ち着いた態度を示すアンチェロッティは、自軍の選手やコーチ陣のみならず、対戦相手のサポーターからも尊敬の念を集めている。トップレベルでの豊富な経験、優れた人心掌握術は名将と呼ぶにふさわしい。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann

スター選手

どの選手を取り上げればいいのか迷うほどスターがそろっているが、真っ先に思い浮かぶのはリーグ戦96試合で77得点を挙げているロベルト・レバンドフスキだろう。また、昨季は中盤の攻撃的なポジションで躍動したティアゴ・アルカンタラの名前も挙げないわけにはいかない。

現在、復帰に向けて調整中のマヌエル・ノイアーとジェローム・ボアテングは押しも押されもせぬ中心選手。2人合わせて77歳になるフランク・リベリとアリエン・ロッベンも、そのダイナミックなプレーは10年前と変わっていない。また、昨季はリーグ戦で5ゴールと本領を発揮できなかったトーマス・ミュラーも、サポーターは奮起を期待しているだろう。

そして何より、今季は新加入のハメスがいる。ハメスがキャリアハイの公式戦17ゴールを記録したのは、アンチェロッティ監督の下でプレーしていた2014/15シーズンであったことを忘れてはならない。

© imago

カギとなる日程

レーバークーゼンをホームに迎える開幕戦は大いに注目を集めるだろうが、シーズン前半戦で最もタフなのは、ホームのライプツィヒ戦、アウェーのドルトムント戦が続く第10節、第11節だろう。