アウクスブルク戦12試合で16得点を挙げているレバンドフスキ - © imago / Ulmer
アウクスブルク戦12試合で16得点を挙げているレバンドフスキ - © imago / Ulmer
ブンデスリーガ

レバンドフスキという名の“悪夢”に挑むアウクスブルク

ブンデスリーガの各チームにとってバイエルン・ミュンヘンとのアウェーゲームほど恐怖を感じるゲームはない。しかも、11月18日にバイエルンと対戦するアウクスブルクは、ロベルト・レバンドフスキを大の苦手としている。試練に立ち向かうアウクスブルクの選手の心境やいかに……。

レバンドフスキはアウクスブルクとのリーグ戦12試合で16得点を記録。これまでドルトムントの選手として7得点、バイエルンの選手として9得点を挙げている。ハットトリックが2回、ドッペルパックが3回と固め取りも多く、自身がゴールを挙げた試合は全勝。さらに付け加えるならアシストも5つ記録している。

レバンドフスキにはウォルフスブルク(14試合15得点)、フライブルク(12試合13得点)、マインツ(14試合13得点)といくつか“お得意様”にしているチームがあるが、その中でもアウクスブルクは別格。2017年4月1日に行われた前回対戦では3ゴール2アシストの大暴れでチームを6ー0の大勝に導いている。クラブ史上最大の敗戦を喫したアウクスブルクの選手やサポーターは「これはきっとエイプリル・フールに違いない」と感じたはずだ。

- © gettyimages
- © gettyimages