両チームの攻撃の中心を担うクルーゼとコスティッチ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
両チームの攻撃の中心を担うクルーゼとコスティッチ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

“北部ダービー”のキーマン

ブレーメンとハンブルガーSVが激突する通算108回目の“北部ダービー”。この一戦でキーマンとなりそうなのがマックス・クルーゼ(ブレーメン)とフィリップ・コスティッチ(ハンブルク)だ。両選手は監督交代を機に調子を上げ、チームトップのスコアポイントをマークしている。

ゴールもアシストもできる万能FWクルーゼ

今季のクルーゼは昨年9月の負傷で序盤戦4試合を欠場し、その影響からかなかなか調子が上がらなかった。しかし、アレクサンダー・ヌーリ前監督の後任を任されたフローリアン・コーフェルト監督の下で完全復活。第10節までゼロだったスコアポイントは、新監督就任後の出場12試合で11ポイント(5ゴール6アシスト)まで上昇した。とりわけ第12節のハノーファー戦でのハットトリックは圧巻だった。

クルーゼはザンクト・パウリ、フライブルク、ボルシアMG、ウォルフスブルクといくつものクラブを渡り歩いてきたが、過去6シーズンは常にチーム最多のスコアポイントを記録してきた。決定力の高さだけでなく、少し下がった位置からチャンスメークできるのが強み。それはブンデスリーガ206試合で62ゴール63アシストという数字にも表れている。今季42本のシュートアシストはもちろんチームトップだ。

- © gettyimages / Stuart Franklin
- © gettyimages / Franklin