レーバークーゼンでチームメートとなったラース(左)とスベン(右)のベンダー兄弟 - © imago
レーバークーゼンでチームメートとなったラース(左)とスベン(右)のベンダー兄弟 - © imago
ブンデスリーガ

“ベンダー・ツインズ”再結成

スベン・ベンダーが8年間在籍したドルトムントを離れる決断を下した。新天地は双子の兄ラースが長年にわたってキャプテンを務めるレーバークーゼンだ。

2人を見分けるにはココに注目!

両選手は好みも似ているのか、容姿だけでなくヘアスタイルまで瓜二つで、見分けるのはなかなか至難の業だ。レーバークーゼンのハイコ・ヘルリッヒ新監督、そしてチームメートたちは、まず2人をきちんと見分けることから始めなければならない。

「見分けるには鼻の形を見ればいい」。ヒントを教えてくれたのは、ベンダー兄弟とともに2008年のUー19欧州選手権を制し、昨夏のリオデジャネイロ五輪でドイツを銀メダルに導いたホルスト・ルベッシュ氏だ。今年からドイツサッカー連盟のスポーツディレクターを務めるルベッシュ氏は「2試合やったところで、どっちがラースでどっちがスベンか分かるようになった」と話す。

初めて進んだ別々の道で互いに成長

2人はその容姿だけでなく、サッカー選手としてのキャリアもぴたりと重なる。地元クラブのTSVブランネンブルクでサッカーを始めると、ウンターハヒングを経て1860ミュンヘンに加入。ベンダー兄弟は常に“ドッペルパック”で歩んできた。

そんな2人が別々の道を歩み始めたのが2009年。ラースがレーバークーゼンへ、そして12分遅れで生まれたスベンはドルトムントへ移籍した。2人で一緒にやっているHP上でラースは、「サッカーという面から見れば、離れ離れになったのは良かったと思う。それまではプレースタイルもあまりに似通っていたが、今はその違いがはっきり出ているからね」とつづっている。

別々の選択はサッカー面だけでなく、プライベートでも2人の成長を後押しした。「2つの街は100キロしか離れていないから、よく“その間のどこかで一緒に暮らすの?”と聞かれたよ。けれど、僕らがそれを考えたことはなかった。というのも、車の運転が大変だし、独り暮らしは自立への一歩だったからね」。スベンがそう語れば、ラースも「そのとおり! 相手に食器洗いをアテにしなくなったからね」と、小さなことが大人へ成長するための第一歩になったと強調する。

- © imago
- © imago