バイエルンでもプレー経験のあるドルトムント所属ゲッツェが“デア・クラシカー”を前に独占インタビューに応じている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
バイエルンでもプレー経験のあるドルトムント所属ゲッツェが“デア・クラシカー”を前に独占インタビューに応じている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ゲッツェ「特別な一戦になる」

全世界から注目を集めるドイツ最大のビッグカード、香川真司が所属するドルトムント対バイエルン・ミュンヘンの“デア・クラシカー”が11月4日に行われる。この決戦を前に当サイト独語版は、両クラブでプレーしたことのあるドルトムン所属マリオ・ゲッツェとの独占インタビューを敢行。意気込みを語ってもらった。

――“デア・クラシカー”が間もなく開催されますね。ブンデスリーガのファンは心待ちにしていることでしょう。どんな試合になると予想していますか?

ゲッツェ 現在の状況だけで見ても、首位対2位の対決ですし、もちろん特別な一戦になるでしょうね。素晴らしい試合になると約束できます。

――“デア・クラシカー”の前は、喜びのほうが大きいですか?それとも緊張のほうが大きいのでしょうか?

ゲッツェ 楽しみのほうが大きいですね。この試合の重要性は、試合前からどの選手も感じていますよ。チームバスに乗った瞬間、スタジアムに向かう道のり、ウォーミングアップをしている間などで、特別な試合が行われるということを意識しています。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA