- © DFL Deutsche Fußball Liga
- © DFL Deutsche Fußball Liga
bundesliga

2019/20シーズン、18クラブ主将を紹介

2019/20シーズンのブンデスリーガ全18クラブのキャプテンを紹介する。

バイエルン・ミュンヘン
マヌエル・ノイアー(33歳)
フィリップ・ラームからその座を引き継ぎ、2017年からキャプテンを務める。これまでブンデスリーガ372試合に出場し許した失点は284で、1試合平均は0.76失点。

ドルトムント
マルコ・ロイス(30歳)
主将就任は2018/19シーズン夏。リーダーとして強い責任感を持って臨んだ昨季は、ドルトムント加入後では最多の17得点を記録した。

- DFL Deutsche Fußball Liga

ライプツィヒ
ヴィリー・オルバン(26歳)
新監督ユリアン・ナーゲルスマンは、前任者ラルフ・ラングニックのやり方を踏襲せず、オルバンを正式な主将に任命。ディエゴ・デメ、ユスフ・ポウルセンを副キャプテンとすることを決定した。

レーバークーゼン
ラース・ベンダー(30歳)
2015年から主将を務めるベンダーは、レーバークーゼンで11シーズン目を迎える古株選手。右SBやボランチ、インサイドハーフなど様々なポジションに入り、チームを支える。

ボルシアMG
ラース・シュティンドル(30歳)
2016年からキャプテンとなったシュティンドル。昨季終盤のハノーファー戦で脛骨を骨折したため、今季序盤は欠場する見通し。

- imago/Picture Point LE

ヴォルフスブルク
ジョシュア・ギラボギ(28歳)
昨季に続いてキャプテンに。オリバー・グラスナー新監督はこの決定について、「主将交代の理由は見当たらない。彼はピッチの上でもロッカールームでも完璧なリーダーだ」と話す。

アイントラハト・フランクフルト
ダヴィド・アブラハム(33歳)
クラブのレジェンド、アレクサンダー・マイヤーの退団にともない、主将に就任。昨季の1対1勝率はチームトップの60%だった。

ブレーメン
ニクラス・モイサンデル(33歳)
10番とキャプテンマークを身につけていたマックス・クルーゼが移籍し、空白となった主将の座にはモイサンデルが選ばれた。サンプドリアからやってきた同選手は、今季がブンデスリーガ4シーズン目となる。

ホッフェンハイム
ケヴィン・フォクト(27歳)
ホッフェンハイムの主将はフォクト。昨季は1試合あたり79回のボールタッチ、そしてパス成功率も92%となり、両項目でチームトップだった。

- imago images / Laci Perenyi

フォルトゥナ・デュッセルドルフ
オリバー・フィンク(37歳)
2016年からデュッセルドルフの主将。同クラブのトップチームには2009年から在籍する最古参でもある。ベテランの域に達しながら、昨季は90分あたり12.5kmを走破するなど、体力に陰りは見えない。

ヘルタ・ベルリン
ベダド・イビシェビッチ(35歳)
16年夏、ファビアン・ルステンベルガーから主将の座を受け継いだイビシェビッチ。同選手はロベルト・レヴァンドフスキ、クラウディオ・ピサロ、ジオバネ・エウベルに続き、外国籍選手歴代4位の得点を決めている。

マインツ
ダニー・ラッツァ(29歳)
長きにわたってキャプテンを務めてきたニコ・ブンガートは、昨シーズン終了をもって現役から退いた。サンドロ・シュヴァルツ監督が新たに主将に任命したのは、常に走行距離がチームトップクラスとなるラッツァだ。

フライブルク
マイク・フランツ(32歳)
昨シーズンからキャプテンを務めるフランツは、中盤の複数ポジションを務めることが可能。フライブルクでは最年長選手でもある。

- Maja Hitij/Bongarts/Getty Images

シャルケ
アレクサンダー・ニューベル(22歳)
デイヴィッド・ヴァーグナー新監督が主将に選んだのは、ラルフ・フェアマンから守護神の座を奪い取ったニューベル。同選手は今季ブンデスリーガ主将の中では最年少である。

アウクスブルク
ダニエル・バイヤー(35歳)
アウクスブルク在籍9年目のバイヤーは、今やクラブの顔と呼ぶべき存在。毎シーズン主力としてプレーする同選手は、アウクスブルクで公式戦330試合以上に出場してきた。

ケルン
ヨナス・ヘクター(29歳)
2017/18シーズン途中、ケルンの2部降格が濃厚だった際に一早くクラブ残留を表明し、契約も延長。他クラブへの移籍を予想していた周囲を裏切り、ファンの絶大なる信頼を手にした。

パーダーボルン
クリスティアン・シュトローディーク(31歳)
2000年からパーダーボルンに在籍。2015/16シーズンのみフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーした。2017年からはキャプテンを務めている。

ウニオン・ベルリン
クリストファー・トリンメル(32歳)
ウニオンで6シーズン目を迎えるトリンメルは、昨季から主将に。セットプレーのキッカーも務める右SBだ。

- 2019 DFL