- © imago images / Sven Simon
- © imago images / Sven Simon
bundesliga

2部ケルン、1シーズンでのブンデスリーガ復帰が決定

whatsappmailcopy-link

ブンデスリーガ2部第32節最終日が5月6日に行われ、井手口陽介が所属するフュルトは本拠地でケルンと対戦し、0ー4で敗れた。ベンチスタートの井手口は46分から出場した。

フュルト 0ー4 ケルン

試合が動いたのは開始8分、左からカインツが鋭い弾道のセンタリングを入れ、コルドバがゴールエリア内でダイレクトシュート。これがネットに決まり、敵地へ乗り込んだケルンが先制点を奪う。

さらに20分、ケルンの左CKをニアサイドのシュタイニンガーがオウンゴール。41分には再びコルドバが高い決定力を見せ、前半のうちに3ー0とする。

後半に入り1点を追加したケルンが、このまま逃げ切り勝利。勝ち点を62に伸ばしたことで今季2部優勝が確定し、1シーズンでのブンデスリーガ復帰を決めた。

- imago images / Zink

【得点】

0ー1 8分 コルドバ(ケルン)
0ー2 20分 オウンゴール(ケルン)
0ー3 41分 コルドバ(ケルン)
0ー4 65分 コルドバ(ケルン)

【ラインナップ】

フュルト(4ー2ー3ー1)
ブルヒャート;ザウアー、マグヤー、カリジュリ、ラウム;イェッケル(66分 サルペイ)、ゼグイン;アタンガ、グリーン、レドンド;シュタイニンガー(46分 井手口)
ケルン(4ー3ー3)
ホルン;シュミッツ、メレ、チヒョス、ヘクター;ドレクスラー(82分 コジエロ)、ヘーガー、シャウプ;リッセ(66分 エズジャン)、コルドバ(74分 テロッデ)、カインツ