- © INA FASSBENDER/AFP/Getty Images
- © INA FASSBENDER/AFP/Getty Images
bundesliga

バイエルン、今季初の首位浮上

ブンデスリーガ第6節2日目が9月28日に行われ、バイエルン・ミュンヘンは敵地で昇格組パーダーボルンと対戦し、3ー2で勝利した。

パーダーボルン 2ー3 バイエルン・ミュンヘン

15分、コウチーニョがペナルティーエリア右へ走り込むニャブリへパスを送ると、GKが中途半端に飛び出してきたのを見逃さず、そのままダイレクトでゴールに押し込んだ。

後半に入ると55分、キミッヒが裏へ柔らかいロビングパス。これをニャブリが中へ折り返すと最後はコウチーニョが決め、バイエルンが2点目を奪う。

パーダーボルンも68分、ドレーガーのセンタリングを受けたプレーガーが1点を返したが、逆に79分にはレヴァンドフスキに開幕6戦連発となるゴールを決められる。

ホームの観客を前に粘りを見せたいパーダーボルンはさらに84分、コリンスの得点で再び1点差に迫ったものの、このまま逃げ切ったバイエルンが今シーズン初の首位へ浮上。一方のパーダーボルンは、依然として白星から見放されている。

- INA FASSBENDER/AFP/Getty Images

【得点】

0ー1 15分 ニャブリ(バイエルン)
0ー2 55分 コウチーニョ(バイエルン)
1ー2 68分 プレーガー(パーダーボルン)
1ー3 79分 レヴァンドフスキ(バイエルン)
2ー3 84分 コリンス(パーダーボルン)

【ラインナップ】

パーダーボルン(4ー4ー2)
フート;ドレーガー、キリアン、ヒューネマイヤー、コリンス;カウリ(73分 リッター)、ヴァシリアディス、ギャスラ(84分 シェルトン)、アントウィアジェイ;ツォリンスキ(62分 プレーガー)、ミヒェル

バイエルン・ミュンヘン(4ー2ー3ー1)
ノイアー;パヴァール、ズューレ、ボアテング、エルナンデス(46分 デイヴィス);キミッヒ、ティアゴ(46分 マルティネス);ニャブリ、コウチーニョ、コマン;レヴァンドフスキ(80分 ミュラー)

- Martin Rose/Bongarts/Getty Images