- © imago images / Beautiful Sports
- © imago images / Beautiful Sports
bundesliga

ザンクト・パウリが59年ぶり快挙

ブンデスリーガ2部第6節最終日が9月16日に行われ、宮市亮が所属するザンクト・パウリは本拠でハンブルガーSVと対戦し、2ー0で勝利した。宮市は開幕から6試合連続のフル出場だった。

ザンクト・パウリ 2ー0 ハンブルガーSV

まずは18分、左からのクロスをクノルが頭でシュート。左ポストに跳ね返されたところをディアマンタコスがダイビングヘッドで飛び込み、ザンクト・パウリが先制に成功する。

43分にはハンブルクにも決定機が訪れ、ペナルティーエリア左のキッテルが浮いたボールにダイレクトボレーで合わせるも、これはクロスバーを直撃した。

- Martin Rose/Bongarts/Getty Images

後半に入り63分、左サイド高い位置で獲得したFKをメラーデーリがグラウンダーでゴール前に。ニアサイドへ走り込んだクノルがアウトサイドで中に流すと、ファンドロンヘレンがクリアしきれずボールはネットへ。ハンブルクのオウンゴールにより、ザンクト・パウリのリードは2点に広がった。

82分にはザンクト・パウリにカウンターのチャンス。宮市からのパスを受けたメラーデーリが左から強烈なシュートを放ったが、これは左ポストに弾かれてしまった。

そしてこのまま試合は終了。公式戦におけるザンクト・パウリの本拠ハンブルク・ダービー勝利は、ブンデスリーガ創設前の1960年2月以来(両クラブは当時オーバーリーガ所属)。ザンクト・パウリにとっては歴史的な一夜となった。

- Martin Rose/Bongarts/Getty Images

【得点】

1ー0 18分 ディアマンタコス(ザンクト・パウリ)
2ー0 63分 オウンゴール(ザンクト・パウリ)

【ラインナップ】

ザンクト・パウリ(4ー2ー3ー1)
ヒンメルマン;オールソン(80分 カラ)、エスティガード、ローレンス、ブバラ;ベッカー、クノル(83分 ディアッラ);宮市、メラーデーリ、コンテ(62分 ペニー);ディアマンタコス
ハンブルガーSV(4ー3ー3)
ホイヤーフェルナンデス;ファグノマン、ユング、ファンドロンヘレン、ライボルト;キンソンビ(80分 ドゥジアク)、ファイン、キッテル;ナレイ(46分 ハント)、ヒンターゼーア、ヤッタ(66分 ハルニク)