- © imago
- © imago
bundesliga

ブレーメンが3失点完敗、今季2度目の連勝ならず

ブンデスリーガ第19節最終日が1月26日に行われ、大迫勇也が所属するブレーメンはホームでホッフェンハイムと対戦し、0ー3で敗れた。ベンチスタートの大迫は66分から出場した。

ブレーメン 0ー3 ホッフェンハイム

最初のチャンスは17分のホッフェンハイム。ハーフウェーライン付近でクラーセンの横パスをカットすると、バウムガルトナーのラストパスを受けたクラマリッチがシュートを放つ。しかしこれは左サイドネットの外側に当たってしまう。

エンドが替わって迎えた65分、セットプレーのこぼれ球からクラーセンがオウンゴール。ホッフェンハイムが先制する。

ホッフェンハイムはさらに2点を追加し、2020年初勝利を手にした。ブレーメンは今季2度目の連勝を逃し、直近6試合で5敗目となった。

- nph / Kokenge via www.imago-images.de/imago images/Nordphoto

【得点】

0ー1 65分 オウンゴール(ホッフェンハイム)
0ー2 79分 バウムガルトナー(ホッフェンハイム)
0ー3 83分 アダムヤン(ホッフェンハイム)

【ラインナップ】

ブレーメン(3ー1ー4ー2)
パブレンカ;トプラク、フォクト、ヴェリコヴィッチ(82分 ピサロ);シャヒン(66分 バルテルス);ビッテンコート、M・エゲシュタイン、クラーセン、フリードル;サージェント(66分 大迫)、ラシツァ

ホッフェンハイム(3ー1ー4ー2)
ペントケ;ポシュ、アポグマ、ヒュブナー;グリリッチュ;カデラベク、ルディ、バウムガルトナー(85分 サマッセク)、ツバー(73分 ベブー);ダブール(60分 アダムヤン)、クラマリッチ

- nordphoto / Rauch via www.imago-images.de/imago images/Nordphoto