- © imago images / Team 2
- © imago images / Team 2
bundesliga

開幕節の注目カード(2):ブレーメン対デュッセルドルフ

2019/20シーズンのブンデスリーガ開幕節2日目が8月17日に行われ、大迫勇也が所属するブレーメンは本拠地でフォルトゥナ・デュッセルドルフと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

ブレーメンはこの試合がブンデスリーガ1867試合目。これにより同クラブはハンブルガーSV(1866試合)を抜き、リーグ歴代単独トップとなる。

・ブレーメンが昨季後半戦で喫した黒星は、わずか2つ。これはバイエルン・ミュンヘン(1敗)に次ぎ、リーグ2位タイの少なさだった(※他ではライプツィヒも2敗)。

・ブレーメンは5年連続で開幕節未勝利。内訳は3敗2分となっている。同クラブが最後に開幕白星を飾ったのは、2013/14シーズンのブラウンシュバイク戦。

・対するデュッセルドルフもブレーメンと同じく、直近5シーズンの開幕節に勝利しておらず、内訳は1敗4分。

・ホーム限定の昨季順位表で、ブレーメンは勝ち点30の4位だった。

・ブレーメンは現在ホーム10戦負けなし。この無敗街道がスタートしたのは2018年12月。その時の相手もデュッセルドルフで、ブレーメンが3ー1で勝利した。

・ブレーメンホームでの同カード直近16試合は、デュッセルドルフの12敗4分。

・昨シーズン試合に起用された選手のクラブ別平均年齢を見ると、バイエルンが最年長で27.74歳。2番目の年長クラブがブレーメンで27.68歳。そして3番目がデュッセルドルフで27.07歳だった。

- Martin Rose/Bongarts/Getty Images

【予想ラインナップ】

ブレーメン(4ー3ー1ー2)
パブレンカ;ゲブレセラシ、トプラク、モイサンデル、フリードル;M・エゲシュタイン、シャヒン、クラーセン;大迫;サージェント、ラシツァ

フォルトゥナ・デュッセルドルフ(4ー2ー3ー1)
ステフェン;ツィマーマン、アイハン、アダムス、ギーセルマン;ゾボトゥカ、モラレス;プレドル、フィンク、トミー;ヘニングス