- © INA FASSBENDER/AFP via Getty Images
- © INA FASSBENDER/AFP via Getty Images
bundesliga

10人のシャルケが逃げ切る

ブンデスリーガ第15節最終日が12月15日に行われ、長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは敵地でシャルケに0-1で敗れた。鎌田は54分から途中出場。長谷部は出番なしで、ブンデスリーガ300試合出場は次節以降に持ち越しとなった。

シャルケ 1ー0 アイントラハト・フランクフルト

ホームのシャルケが序盤から試合の主導権を握ったが、13分にマッケニーが負傷交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われる。42分にはリズム良いパス交換からラマンが抜け出してシュートを狙うが、GKレノウの好セーブに阻まれて得点には結びつかなかった。

試合が動いたのは後半に入った53分、ハーフウェイライン付近でボールを奪ったシャルケのカウンターが発動。アリのラストパスを受けたラマンがエリア左から冷静に沈めて先制ゴールを決めた。

- Lars Baron/Bongarts/Getty Images

しかし、シャルケは67分、相手のロングパスに反応してエリア外に飛び出したGKニューベルがガチノヴィッチと衝突。左足が相手の胸に入ってしまい、一発退場となってしまう。数的優位に立ったフランクフルトはパシエンシアを突入して攻勢に出るが反撃は実らず、5試合未勝利で12位に転落した。

【得点】
1ー0 53分 ラマン(シャルケ)

【ラインナップ】
シャルケ(4ー2ー3ー1)
ニューベル(67分 退場);ケニー、カバク、マッケニー(13分 ミランダ)、オチプカ;マスカレル、セルダル;カリジュリ、アリ(69分 シューベルト)、マトンド;ラマン(77分 ブルクスタラー)

アイントラハト・フランクフルト(3ー4ー2ー1)
レノウ;トゥーレ(82分 ドゥルム)、ヒンターエッガー、ヌディカ;チャンドラー、トロ、ソウ、コスティッチ;ローデ(54分 鎌田)、ガチノヴィッチ(70分 パシエンシア);ドスト