- © imago images / Horstmüller
- © imago images / Horstmüller
bundesliga

第26節の注目カード(2):ヴォルフスブルク対デュッセルドルフ

ブンデスリーガ第26節2日目が3月16日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは敵地でヴォルフスブルクと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

ヴォルフスブルクは前節バイエルン・ミュンヘンに0ー6、デュッセルドルフアイントラハト・フランクフルトに0ー3で、どちらも完敗だった。

・現在ヴォルフスブルクは7位、デュッセルドルフは11位だが、今季前半戦で両者が対戦した時には前者が10位、後者は最下位だった。

・ブンデスリーガ2部も含め、同カードは過去に7回行われており、ヴォルフスブルクは4勝3分の無敗。

・前半戦の対戦ではヴォルフスブルクが3ー0で勝利。この試合でヴォルフスブルクのエースFWヴォウト・ヴェグホーストは全3得点に直接関与した。

・ヴォルフスブルクのブルーノ・ラバディア監督は、自身の指導者キャリアで、デュッセルドルフのフリートヘルム・フンケル監督に負けたことがない(4勝1分)。

・ヴォルフスブルクのヨルク・シュマトゥケSDはデュッセルドルフ生まれ。現役時代にはデュッセルドルフで公式戦260試合以上に出場した。また同SDは試合日に55歳の誕生日を迎える。

・デュッセルドルフの守護神ミヒャエル・レンジングは自身のキャリアにおいて、敵地ヴォルフスブルク戦で勝利したことがない(4敗1分)。

- imago/DeFodi

【予想ラインナップ】

ヴォルフスブルク(4ー3ー3)
カステールス;ウィリアム、クノッヘ、ブルックス、ルシヨン;ゲルハルト、ギラボギ、アーノルド;シュテフェン、ヴェグホースト、メーメディ
フォルトゥナ・デュッセルドルフ(4ー2ー3ー1)
レンジング;ツィマーマン、アイハン、カミンスキ、ギーセルマン;ゾボトゥカ、シュテーガー;ルケバキオ、フィンク、ラマン;ヘニングス