- © imago/DeFodi
- © imago/DeFodi
bundesliga

第28節の注目カード(3):ヘルタ対デュッセルドルフ

ブンデスリーガ第28節2日目が4月6日に行われ、宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは敵地でヘルタ・ベルリンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

【データ&トリビア】

デュッセルドルフは今季ヘルタ戦計135分間(前半戦の90分&テレコムカップの45分)で計7ゴールを決めている。

・現在両者は10位と11位。前半戦に対戦した際には、デュッセルドルフが17位、ヘルタが8位だった。

・連敗の状態で前節を迎えた両クラブだが、デュッセルドルフは白星を飾り3試合ぶりの白星を手にした一方、ヘルタはライプツィヒに0ー5の完敗。現在3連敗となっている。

・デュッセルドルフのフリートヘルム・フンケル監督は2009年10月から2010年6月までヘルタの指揮官だった。

・ヘルタのパル・ダルダイ監督は、当時同クラブでまだ現役だった。

・ブンデスリーガ入れ替え戦も含めた公式戦での同カード直近3試合で、デュッセルドルフは2勝1分と負けなし。

- Hitij/Bongarts/Getty Images

【予想ラインナップ】

ヘルタ・ベルリン(4ー2ー3ー1)
ヤルステイン;ラザロ、シュタルク、レキク、プラッテンハルト;マイヤー、グルイッチ;レッキー、ドゥダ、カルー;ゼルケ
フォルトゥナ・デュッセルドルフ(4ー3ー3)
レンジング;ツィマーマン、アイハン、カミンスキ、ギーセルマン;シュテーガー、ボジェク、フィンク;ルケバキオ、ヘニングス、ラマン