- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
bundesliga

ブンデスリーガ・レジェンド紹介(3):パウロ・セルジオ

1994年のワールドカップ優勝メンバーであり、ブンデスリーガでは2クラブで約200試合に出場。バイエルン・ミュンヘンではあらゆるタイトルを手にして強いインパクトを残した。パウロ・セルジオは「ブンデスリーガにサンバのリズムを運んできた選手」としてファンの記憶に残っている。

・氏名:パウロ・セルジオ・シウベストレ・ド・ナシメント
・生年月日/出身地:1969年6月2日/ブラジル・サンパウロ
・ブンデスリーガ通算出場数(得点):198試合(68得点)
・在籍クラブ:レーバークーゼンバイエルン・ミュンヘン
・代表キャップ数(得点):12試合(2得点)
・獲得タイトル:ブンデスリーガ(90/00、00/01)、DFB杯(99/00)、欧州チャンピオンズリーグ(00/01)、クラブ・ワールドカップ(01)、ワールドカップ(94)

ブラジルのコリンチャンスで才能の片鱗を見せていたパウロ・セルジオは、ワールドカップを制する1年前の1993年にレーバークーゼンに加入。この移籍の成功をきっかけに、レーバークーゼンは南米から才能豊かな選手を獲得するパイオニア的存在のクラブとなった。

レーバークーゼンには4シーズン在籍。ブンデスリーガ121試合出場で47得点を挙げ、クラブの歴史に名を残した。その後、セリエAのローマで2シーズンを過ごし、1999年にバイエルンへ移籍。同胞ジオバネ・エウベルとのコンビでチームのブンデスリーガ連覇に貢献した。1999/2000シーズンには国内2冠を達成。また、2001年には欧州チャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップのタイトルも獲得し、ブンデスリーガ史に残る偉大な選手となった。