- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
bundesliga

ブンデスリーガ・レジェンド紹介(2):シャオ・ジャイ

シャオ・ジャイは中盤のダイナモとして2000年代に1860ミュンヘンとコトブスで活躍。ブンデスリーガ通算67試合に出場して4得点を挙げた。ドイツに渡る前の2002年にはワールドカップにも出場。引退後の2015年からは国際連合エイズ合同計画の親善大使を務めている。

・氏名:シャオ・ジャイ
・生年月日/出身地:1980年4月10日/中国・北京
・ブンデスリーガ通算出場数(得点):67試合(4得点)
・在籍クラブ:1860ミュンヘン、コトブス、デュイスブルク
・代表キャップ数(得点):40試合(8得点)
・個人タイトル:AFCアジアカップ・オールスターチーム(04)

中国の北京で生まれたシャオ・ジャイがドイツで最初に降り立った地はミュンヘンだった。2002/03シーズンに1860ミュンヘンに加入すると、同シーズンの第19節でリーグ戦デビュー。ブンデスリーガでプレーした史上2人目の中国人選手となった。

1860ミュンヘンでは4年間でリーグ戦58試合に出場し、2006年に加入したコトブスでは5年間で100試合以上に出場。その後、中国に戻るまでの半年間はデュイスブルクにも在籍し、ドイツサッカー界における中国人最多出場記録を樹立した。