アイントラハト・フランクフルトはお得意様であるシャルケをホームに迎えての初戦。しかしながら、最近はその相性の良さを生かしきれておらず、なかなかシャルケに勝てないでいる。さて、今回はどうなるか? この一戦でキーマンとなりそうなのが、アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)とクラースヤン・フンテラー(シャルケ)の両選手だ。

対戦トリビア

・マイヤーは昨季19試合の出場にとどまったが、それでも12ゴールをマーク。これはフランクフルトでは断トツの数字で、チーム総得点の35%にあたる

・その一方で、マイヤーはブンデスリーガでのシャルケ戦となると、16試合でわずか1勝しかしていない

・フンテラーはフランクフルトと6試合を戦って負け知らず。さらに過去4シーズンはいずれも開幕戦でゴールを決めている

・シャルケが昨季許した決定機はわずか29回。これを上回る数字を残したのはバイエルンのみ

歴史的なデータ

・シャルケのフランクフルトでの戦績をさかのぼると、初対決から24回目の対戦までにわずか1勝しか挙げられなかった。しかし、直近のアウェーゲーム18試合ではシャルケが10勝もしている

・両チームの対戦ではホームチームに分がある。このカードのアウェーチーム勝利となると、2010年3月までさかのぼる。この時はシャルケが4-1で勝ったが、その後の10試合の対戦ではアウェーチームの白星がない

・フランクフルトは対シャルケの直近の20試合でわずか2勝

・しかしながら、ブンデスリーガの歴史を紐解くと、フランクフルトの対戦相手別ホーム勝利数は対シャルケが最多(23勝)

・昨季シャルケが2試合ともに無失点に抑えたのはフランクフルト戦のみ

・直近3試合の対戦で生まれたゴールは両チーム合わせてわずかに3。最近はゴールに乏しい組み合わせとなっている

・フランクフルトのホーム最大得点差勝利:5-0(1991年8月10日)

・シャルケのフランクフルト戦における最大得点差勝利:4-1(2010年3月6日)

・歴代最多観客数:5万1,500人(7度記録。最近では2013年11月23日)

前回の対戦

2015/16シーズンの第23節で対戦。ともに得点がなくスコアレスドローに終わった。