8月26日、ブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンが開幕戦に登場し、新しいシーズンの幕が開ける。2016/17シーズンはブンデスリーガの歴史の中でも、特に重要な伝統の一戦でスタート。バイエルンが本拠地にブレーメンを迎える。最多優勝回数を誇るバイエルンが断然有利のように思えるが、ブレーメンを勇気づけるデータも存在する。

対戦トリビア

・バイエルンのカルロ・アンチェロッティ新監督はACミラン監督時代の2008/09シーズンにUEFAカップ(現欧州リーグ)のラウンド32でブレーメンと対戦。ファーストレグを1-1で終えた後、セカンドレグでクラウディオ・ピサロに2ゴールを決められて2-2と引き分け、アウェーゴールの差で敗退を強いられた

・バイエルンのロベルト・レバンドフスキはブレーメンとの直近7試合で10ゴールに絡んでいる(自らは7ゴール)

・ブレーメンの現所属選手の中でバイエルンに勝ったことがあるのは、クレメンス・フリッツとピサロだけ

・ブレーメンはバイエルンにリーグ11連敗中。直近4試合とも無得点

歴史的なデータ

・バイエルンはブレーメンに目下13連勝中。うち11勝がリーグ戦で、残り2勝はドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)でのもの

・ブレーメンはバイエルンがブンデスリーガで最も多くの敗戦を喫している相手であり(26敗)、失点も2番目に多い(119失点)。最多はメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦の121失点

・ブレーメンにとっても、バイエルンは最も多く負けている相手であり(49敗)、失点も最多(194失点)

・バイエルンはホームでのブレーメン戦で5連勝中、計26ゴールを挙げている(5-0、6-0、5-2、6-1、4-1)。しかしながら、それまではホームのブレーメン戦で5戦勝ちなしだった(4分1敗)

・バイエルンの最多得点差勝利:7-0(1980年4月12日)

・バイエルンのホームにおけるブレーメンの最多得点差勝利:5-2(2008年9月20日)

・歴代最多観客数:7万5000人

前回の対戦

2015/16シーズンの第26節に対戦。バイエルンが5-0で大勝している