Summary

ブンデスリーガ第9節、ボルシアMGとフランクフルトが対戦

結果は0ー0のスコアレスドロー

フランクフルトの長谷部は3バックの中央でプレー

10月28日、ブンデスリーガ第9節の初日が開催され、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトが敵地でメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)と0ー0で引き分けた。長谷部は3バックの中央に入り、フル出場を果たしている。

ボルシアMG 0ー0 フランクフルト

ミッドウィークにドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)をこなした疲労のせいからか、試合は両チームともに静かな立ち上がりとなる。

開始6分、ホームのボルシアMGがロングパスから右サイドを突破してフランクフルトゴールに迫るが、シュートに持ち込むことはできない。続く10分、今度はフランクフルトが左サイドを抜け出し、ルコダがゴールラインぎりぎりのところからマイナスの折り返し。走り込んだファビアンがシュートを放つが、これは大きくクロスバーを越えてしまう。

徐々に試合の主導権を握ったフランクフルトは、25分に決定的なチャンスを迎える。ペナルティーエリア内でのワンツーからルコダがフリーで抜け出してシュート。しかしこれはサイドネットの外側を揺らしただけだった。44分にはボルシアMGが左サイドのクロスからチャンスを作り出すが、シュティンドルのシュートは枠を捉えることができず。前半は0ー0のまま終了した。

後半に入ると、両チームとも積極的に攻撃を仕掛け始め、50分にはボルシアMGが決定機を迎える。しかし、右サイドからのアーリークロスはゴール前で足を伸ばしたジョンソンにはわずかに届かなかった。

54分にはフランクフルトのマスカレルがミドルレンジからシュートを狙うが、ボルシアMGのGKゾマーが好セーブ。逆に69分には、後方から勢いよく上がってきたボルシアMGのジョンソンが至近距離からシュートを狙うが、フランクフルトのGKフラデツキーが見事な反応で絶体絶命のピンチを救った。

その後も互いにチャンスをうかがったが、両チームの守備陣が崩れることはなく試合は0-0のまま終了。フランクフルトは敵地で貴重な勝ち点1を手にした。