Summary

・ブワシュチコフスキは今夏、ウォルフスブルクに移籍

・第3節以降はキャプテンマークを巻いてプレー

・ウォルフスブルクのリーダーとして欠かせない存在に

この夏、ウォルフスブルクに加入した“クーバ”ことヤクブ・ブワシュチコフスキは、新天地で早速リーダーとなり、低迷するチームを引っ張ろうと奮闘している。チームにはマリオ・ゴメス、マーセル・シェーファー、ディエゴ・ベナーリオらブンデスリーガで多くの経験を積んできた選手がいる。しかし、リーグ戦2試合を終えた後、キャプテンマークはブワシュチコフスキの左腕に巻かれるようになった。

ブワシュチコフスキは決して声を張り上げてチームメートを鼓舞するようなタイプではないが、天性のリーダーシップを持った選手である。本来のキャプテンであるベナーリオが控えに甘んじ、副キャプテンのルイス・グスタボが負傷で戦線離脱中。リーダーとしてのオーラを持つ“クーバ”に白羽の矢が立ったのも当然の成り行きだった。

「強い思いが溢れた」古巣との一戦

クーバは2007年にビスワ・クラクフからドルトムントに加入。クラブが長い低迷期を抜け出し、リーグ2連覇、国内2冠、そして欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出と、見事な復活を遂げていく過程をともに歩んだ数少ない選手の一人でもある。ドルトムントでは203試合に出場して27得点。チームの再生に大きく貢献し、クラブ史に名を残した。

ドルトムントをホームに迎えた第4節の試合後、クーバが古巣のサポーターが陣取るスタンドへと歩み寄ると大歓声が沸き上がった。ドルトムントサポーターのクーバへの敬意は、今も変わっていない。試合は1-5で大敗したが「強い思いが溢れてしまった。自分にとってはグッとくる瞬間だったよ。わずかな時間、僕がドルトムントのほうへ走り寄った理由を分かってもらえたと思う」。8シーズン過ごした古巣との一戦は忘れられないものになったようだ。

右サイドバックとしての新たな役割

昨季は期限付きでフィオレンティーナ(イタリア)に移籍。負傷で出番が限られたものの、シーズン終了後に開催された欧州選手権(EURO)では本来のプレーを取り戻し、世界のトップレベルでやっていけるだけの力があることを証明した。しかし、復帰したドルトムントでは厳しいポジション争いが待っていた。右サイドのポジションはドイツ代表のアンドレ・シュアレとマルコ・ロイスに加え、期待の若手ウスマン・デンベレやエムレ・モルと激戦区になっていたのだ。これに伴い、トーマス・トゥヘル監督はクーバを右サイドバックにコンバート。代表のチームメートで友人でもあるルカシュ・ピシュチェクとポジションを争わなければならなくなった。

目指すは欧州カップ戦

こうした状況にクーバは移籍を決意。ウォルフスブルクでも最初は右サイドバックが持ち場となったが、今季はここまで全試合に先発出場している。欧州の舞台で豊富な経験を持つクーバは新天地での目標を「チームの誰もが欧州カップ戦の出場権を目指している」と語るが、現実はリーグ戦5試合連続で勝ち星なし。第6節を終えて13位と苦しいスタートとなっている。新たなチームリーダーとして、クーバがやるべき仕事は多そうだ。