Summary

  • ブンデスリーガ第8節、インゴルシュタットとドルトムントが対戦
  • 香川は開幕戦以来となるリーグ戦先発
  • 勝ち点1を得たインゴルシュタットは最下位を脱出

10月22日、ブンデスリーガの第8節が行われ、香川真司所属のドルトムントが敵地でインゴルシュタットと3ー3で引き分けた。香川はリーグ戦で7試合ぶりの先発出場、73分までプレーした。

インゴルシュタット 3ー3 ドルトムント

試合は立ち上がりからアウェーのドルトムントが主導権を握ったが、相手に与えた最初のチャンスで失点を許してしまう。6分、インゴルシュタットは右サイドからのFKにコーエンが左足インサイドで合わせて先制。これで浮き足立ったドルトムントは、続く12分と13分にもヒンターゼーアに立て続けに決定機を与えてしまう。

リーグ戦7試合ぶり先発出場の香川は、トップ下の位置からかなり引いてボールを引き出し、流れを取り戻そうと奮闘したが、チームが落ち着きを取り戻しつつあった24分、1点目とほぼ同じ位置のFKから今度はレスカーノに頭で決められて2点差とされてしまう。インゴルシュタットの攻守にメリハリの利いた戦い方に苦しむドルトムントは、前半終了間際にも2度のピンチを迎えるなど、いいところなく前半を終えた。

それでもドルトムントは後半の立ち上がりから猛攻を見せ、59分にようやく相手ゴールをこじ開ける。直前に交代で入ったゲッツェからボールを受けた香川が左サイドへ展開し、デンベレの中央への折り返しをオバメヤンが頭で決めて1点差。しかしそこから1分と経たないうちに、インゴルシュタットに三たびゴールを許す。

粘るドルトムントは、69分にゴール正面でのワンツーからラモスが押し込んで再び1点差。その後も攻撃に人数をかけて攻め続ける。87分のゲッツェ、88分のオバメヤンのチャンスはゴール寸前で阻止されたが、アディショナルタイムが4分と表示された直後に猛攻が実を結ぶ。右サイドからパスラックがクロスを入れると、最後はこぼれ球をプリシッチが押し込んで同点。最下位チーム相手に大苦戦を強いられながらも、ドルトムントは何とか敗戦を免れた。

【得点】
インゴルシュタット:コーエン(6分)、レスカーノ(24分、59分)

ドルトムント:オバメヤン(59分)、ラモス(69分)、プリシッチ(90分)

【ラインナップ】
インゴルシュタット(4ー4ー2)
ニーラン;ハデルジョナイ、マティップ、ティセラン、ズットナー;ハートマン、ロジャー、コーエン、グロース;レスカーノ(72分 レッキー)、ヒンターゼーア(89分 モレーレス)

ドルトムント(4ー1ー3ー2)
バイデンフェラー;ピシュチェク、ギンター、バルトラ、パク・チュホ(46分 プリシッチ);ワイグル;カストロ(59分 ゲッツェ)、香川(73分 パスラック)、デンベレ;オバメヤン、ラモス