Summary

  • ブンデスリーガ第8節、バイエルンとボルシアMGが対戦
  • ボルシアMGのアンドレ・シュベルト監督はバイエルン戦で無敗
  • ボルシアMGは対バイエルン戦最近4試合無敗

2試合連続ドローと足踏みが続いたバイエルン・ミュンヘン。辛くも首位を守っているが、2位ケルンとの勝ち点差は2となった。混戦の上位争いを抜け出すためにも勝っておきたい試合だが、迎えるメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)には近年大いに手を焼いている。

対戦トリビア

・バイエルンは対ボルシアMGの最近4試合で勝利を挙げていない。これほど長く勝っていない相手はボルシアMGのみ

・両チームともブンデスリーガでは2試合連続で勝利を逃している

・バイエルンは前節、前々節と先にリードを奪いながらドローに持ち込まれたが、こうした形で続けて勝ち点を落とすのは2010年3月以来のこと

・両チームとも前節は数的有利な状況になりながらゴールを奪えず。バイエルンに至っては逆に同点ゴールを奪われている

・今季ここまでのバイエルンの戦績はペップ・グアルディオラ監督時代のそれと酷似している

・ボルシアMGのアンドレ・シュベルト監督はバイエルン戦で一度も負けていない。昨季の対戦ではホームで3-1と勝利し、アウェーでも1-1で引き分けた

・バイエルンのトーマス・ミュラーが第7節を終えて無得点というのは初めてのこと。最後にブンデスリーガでゴールを決めたのは昨季第32節で、その時の相手はボルシアMGだった

・ヨシュア・キミッヒは今季すでに6ゴール。ブンデスリーガのMFの中で最も高い得点力を示している

・バイエルンは今季、フランク・リベリが出場した5試合は全勝。逆に欠場した2試合はいずれも勝てなかった

・ボルシアMGは最近のアウェーゲーム14試合でわずか1勝しかしていない。その1勝は昨季最終戦でダルムシュタットに2-0と勝利したもの

歴史的なデータ

・ボルシアMGはバイエルンが昨季1勝も挙げられなかった唯一の相手(1-3、1-1)。2点以上奪われたのもボルシアMG戦だけだった

・バイエルンは対ボルシアMG戦最近13試合でわずか4勝(4勝5分け4敗)

・ボルシアMGは対バイエルン戦4試合無敗中。バイエルンの圧倒的な強さを考えればセンセーショナルな戦績だ

・バイエルンはボルシアMGに121ゴールを奪われており、対戦相手別では最多の失点数

・バイエルンのホーム最大得点差勝利:6-0(1986年4月26日)

・ボルシアMGのアウェー最高成績:2-0(2015年3月22日)

・歴代最多観客数:7万7500人(1977年5月21日)

予想ラインナップ

バイエルン(4ー3ー3)
ノイアー;ラーム、ハビ・マルティネス、フメルス、ベルナート;キミッヒ、ビダル、ティアゴ;ロッベン、レバンドフスキ、ドグラス・コスタ

ボルシアMG(4ー2ー3ー1)
ゾマー;コープ、ベスターガード、エルベディ、ウェント;シュトローブル、クラマー;トラオレ、シュティンドル、ホーフマン;ハーン