Summary

・ブンデスリーガ第7節、フランクフルトとバイエルンが対戦

・10人のフランクフルトが終盤に同点に追いつく

・バイエルンは公式戦3試合勝ち星なしに

ブンデスリーガ第7節が10月15日に行われ、長谷部誠所属のアイントラハト・フランクフルトが首位バイエルン・ミュンヘンと2ー2で引き分けた。長谷部は67分から途中出場、同点ゴールの起点となりチームの勝ち点獲得に貢献した。

フランクフルト 2ー2 バイエルン

試合は立ち上がりからバイエルンがボールを支配し、開始10分で早々と先制点を奪う。最終ラインのフメルスのロングフィードを左サイドのアラバがダイレクトで中央に折り返すと、エリア内でボールを受けたロッベンが絶妙なトラップで前方に持ち出して角度のないところからシュート。強烈な左足シュートは逆サイドのポストを叩いてゴールネットに吸い込まれた。

5バックを敷いてカウンター中心に攻めるフランクフルトも15分、左サイドのオチプカのクロスにファーサイドのチャンドラーがボレーで合わせ、これが左ポストを直撃する。さらに33分は再びオチプカのクロスからチャンドラーが頭でつなぎ、最後はマイヤーがヘディングシュート。しかし、このシュートはノイアーがゴールライン上でキャッチした。

首位チーム相手にひるむことなく攻め続けたフランクフルトの攻撃が実ったのは43分、オチプカがゴール前に入れた鋭い縦パスはボアテングにクリアされかけるが、こぼれ球をフスティが体に当てて拾い、ペナルティーエリア内に進入。最後は左足を振り抜いて同点ゴールを奪う。

追いつかれたバイエルンは後半の頭からシャビ・アロンソに代えてレナト・サンチェスを投入。より攻撃的な布陣で徐々に攻勢を強めていく。54分にはエリア内でフリーになったコマンのシュートが左ポストを直撃。59分にはミュラーのポストプレーからロッベンが左足を振り抜き、GKフラデツキーを脅かす。

62分にはフメルスの縦パスに抜け出したコマンがフリーでシュート。これはフラデツキーが辛うじてCKに逃れたが、ニアサイドでグラウンダーのパスを受けたミュラーがマイナスに折り返し、フメルスがシュートを狙う。このシュートはわずかに枠を外れていたが、これをキミッヒがうまく足元に止めて冷静にプッシュ。バイエルンがついに勝ち越しに成功する。

65分にはバイエルンベンチ前で相手選手と口論したフスティが2枚目のイエローカードで退場。1点ビハインドの上、10人となったフランクフルトに反撃の力は残されていないかに思われた。

ところが78分、途中出場の長谷部が前方にくさびのパスを入れると、同じく途中出場のフルゴタが右サイドへ展開。ボールを受けたチャンドラーが鋭い切り返しからシュート性のボールをゴール前に蹴り込むと、ファーサイドでフリーになっていたファビアンが胸で押し込んで同点とした。終盤は数的優位のバイエルンに怒涛の攻撃を許す形となったが、フランクフルトは最後まで集中を切らさず対応。苦手の首位チームから貴重な勝ち点1をもぎ取った。