Summary

・ブンデスリーガ第7節、ケルンとインゴルシュタットが対戦

・ケルンのモデステが2ゴールの活躍

・大迫はアシストとPK獲得で勝利に貢献

ブンデスリーガ第7節が10月15日に行われ、大迫勇也所属のケルンがホームでインゴルシュタットに2ー1で勝利した。先発出場の大迫は全2得点に絡む活躍でチームの勝利に貢献した。

ケルン 2ー1 インゴルシュタット

ケルンは立ち上がりの1分に右サイドバックのソーレンセンが頭部を負傷。ピッチ外で治療を行ったため、6分過ぎまで10人での戦いを強いられる。このアクシデントの影響からか、11人に戻った後もホームチームの動きはピリッとしない。19分にはインゴルシュタットのコーエンが放ったロングシュートがクロスバーを叩くなど、ヒヤリとさせられる場面もあった。

それでも試合を優勢に進めたケルンは28分、相手の一瞬の隙を突いた縦パスから先制に成功。ラストパスは中盤まで引いていた大迫、決めたのはエースのモデステだった。さらに37分には大迫がペナルティーエリア内で相手のファウルを誘ってPKを獲得。これをモデステがきっちりと決めて、2点リードで後半へと折り返した。

追いかけるインゴルシュタットは後半の頭からFWのレスカーノを投入。開始早々から攻めに転じ、相手に圧力をかける。対するケルンは前半途中にシフトした3バックの布陣を再び4バックに戻して対応した。

50分にはまたも大迫が右サイドからのクロスで好機を創出。モデステのシュートは惜しくも相手にクリアされたが、その後もケルンは危なげない守備からのカウンターで何度もチャンスを迎えた。ところが、なかなか追加点を奪えずにいると、インゴルシュタットは終了間際の90分にレスカーノがPKを獲得。これをヒンターゼーアが決めて1点差とする。しかし反撃はここまで。ホームできっちりと勝利を収めたケルンが2位に浮上した。