ヘルタ・ベルリンは前節、バイエルンに0-3で敗れて開幕からの連勝が3でストップした。昨季王者に格の違いを見せつけられた格好だが、相性が良いアイントラハト・フランクフルト戦で仕切り直しを図る。迎え撃つフランクフルトも今季は好調で、第4節を終えてヘルタと同じ勝ち点9。得失点差でヘルタの一つ上の4位につけている。好スタートを切った両チームの直接対決は、現役時代にコンビを組んでいた両監督にも注目だ。

対戦トリビア

・フランクフルトのニコ・コバチ監督は、指揮官として初めてヘルタと公式戦を戦う。弟でアシスタントコーチを務めるロベルト同様、ベルリン生まれの2人にとっては特別な一戦となる

・コバチ監督は1991年~1996年、2003年~2006年の2度にわたってヘルタのユニフォームを着てプレーしていた

・フランクフルトのコバチ監督とヘルタパル・ダルダイ監督は現役時代、守備的MFとしてコンビを組んでいた

・ダルダイは指揮官としてフランクフルトに負けたことがない

・ヘルタはフランクフルト戦最近10試合のうち、敗れたのは2試合のみ。いずれも0-1の惜敗だった

・ヘルタは敵地でのフランクフルト戦で過去7勝を収めており、今回勝利すればアウェーゲームで最も勝ち星が多い対戦相手となる

・ヘルタがアウェーのフランクフルト戦で挙げた43得点は、敵地でのゴール数としては最多

・2013年のヘルタの再昇格以来、フランクフルトはヘルタ戦6試合で計7得点を挙げているが、そのうち5得点はアレクサンダー・マイヤーによるもの

歴史的なデータ

・ヘルタが対戦相手別で最もゴールを決めている相手がフランクフルトで、通算得点数は「99」。記念すべき100ゴール目が生まれるか

・ヘルタはフランクフルトから通算26勝を挙げているが、これを上回る対戦相手はハンブルガーSVのみ(27勝)

・フランクフルトはホームのヘルタ戦最近10試合で2勝5分け3敗と負け越している

・ヘルタは敵地でのフランクフルト戦で通算7勝を挙げているが、アウェー勝利数としてはカイザースラウテルン戦、ケルン戦と並んで最多

・フランクフルトのマイヤーは2014年12月の直接対決で後半アディショナルタイムに4-4の同点に追いつくゴールを決めている。また、ヘルタ戦は4試合連続得点中で、直近の4試合で5ゴールを挙げている

・フランクフルトのホーム最大得点差勝利:5-1(1991年5月4日)

・ヘルタのアウェー最高成績:5-0(1978年1月28日)

・歴代最多観客数:5万500人(2007年5月19日)