ブンデスリーガ第5節は金曜開催の一戦に香川真司所属のドルトムントが登場。公式戦最近3試合で17ゴールと破壊力抜群の攻撃陣を擁し、昇格組のフライブルクをホームに迎える。

対戦トリビア

・ドルトムントは現在ホームで23戦無敗中。1965年1月~1966年4月と2001年11月~2003年3月に記録したクラブ記録まであと「1」と迫った

・フライブルクは第4節を終えて勝ち点6を獲得。クリスチャン・シュトライヒ監督の在任期間中としては最高のシーズンインとなった。クラブとしてもロビン・ドゥット監督の下で勝ち点9を挙げた2010/ 11シーズンに次ぐ好成績

・ドルトムントは今季の公式戦7試合で14人の選手が得点を挙げている

・ニルス・ペーターゼンはフライブルク加入後、リーグ戦16試合に出場して11ゴールをマーク。そのうち8ゴールを途中出場から決めている

・今季のドルトムントはシュート57本で13ゴール。およそ4本に1本がネットを揺らしている計算になる

・マティアス・ギンターはフライブルクの生え抜き選手で、2014年夏にドルトムントへ移籍(フライブルクではリーグ戦70試合に出場)。翌年にはロマン・ビュルキもドルトムントに加入した

歴史的なデータ

・ドルトムントは対フライブルク戦で10連勝中。対戦チーム別でこれよりも長い記録は11連勝の対ユルディンゲン(現5部)のみ

・この10連勝の間にドルトムントが叩き出した得点は「32」。一方で失点はわずか「4」に抑えている

・過去32回の対戦でドルトムントが無得点に終わったのは、2001年10月(0-2で敗戦)の1試合のみ。スコアレスドローは一度もない

・フライブルクがドルトムント相手に先制した13試合のうち、勝利にこぎつけたのはわずか2試合のみ。6試合は逆転負けを喫しており、フライブルクにとっては先制点が全く意味を持たない対戦相手の筆頭

・監督同士の対戦成績でもトーマス・トゥヘルがクリスチャン・シュトライヒを圧倒(3勝2分け)

・ドルトムントのホーム最大得点差勝利:5-0(2013年9月28日)

・フライブルクのアウェー最高成績:2-0(2001年10月21日)

・歴代最多観客数:8万720人(2012年5月5日)