9月20日、ブンデスリーガ第4節で香川真司所属のドルトムントウォルフスブルクに5-1で勝利した。ベンチから戦況を見守った香川が試合後にコメントを残した。

――公式戦3試合連続の大勝となりました。今日のチームをどう見ていましたか?

香川 良いゲームでしたし、スタートが良かったです。

――高い位置でのプレスからショートカウンターがはまっていたように見受けられました。狙いどおりだったのでしょうか?

香川 前から守備に行くのが狙いだったし、その形でカウンターもはまっていました。あの(前半の)2点はやっぱり大きかったです。

――サイドプレーヤーのゲレーロがシャドーストライカーの位置で出場し、今日も活躍しました。

香川 良いですね。左サイド全般のポジションをできるということを証明しつつあるのでね。すごく良い選手ですし、結果も残しているので。現状では俺を使いにくい状況ではあるし、今は我慢(の時期)というか。でも本当に良いところがいっぱいある選手なので、それを自分の中でしっかりとイメージしながらやっていきたい。良い競争なんじゃないですかね。