今季初のミッドウィーク開催となったブンデスリーガ第4節。ドルトムントウォルフスブルクを5-1で下して前節に続く大勝を飾れば、バイエルン・ミュンヘンはともに開幕3連勝で迎えたヘルタ・ベルリンとの首位攻防戦を3-0で制した。開幕4連勝で早くも首位固め体勢に入ったバイエルンにはうれしい復活弾も。第4節の話題となった5つのトピックスを紹介していく。

1)どこからでもゴールが生まれるドルトムント

ドルトムントが公式戦3試合で計17得点と、とどまるところを知らない破壊力を見せつけている。9月14日の欧州チャンピオンズリーグ初戦、17日の第3節ダルムシュタット戦で2試合連続6-0の大勝を収めると、20日の第4節ではウォルフスブルクに5-1で圧勝した。

ドルトムントで際立つのが選手層の厚さ。ウォルフスブルク戦ではウスマン・デンベレとルカシュ・ピシュチェクが今季公式戦初ゴールを挙げ、ドルトムントの公式戦得点者は早くも14人となった。

2)ファビアンがついに本領発揮

夏の初めには昇降格プレーオフを戦っていたアイントラハト・フランクフルトが、新シーズンは数年ぶりに好スタートを切り、上位争いに食い込んでいる。

好調なチームをけん引するのが27歳のマルコ・ファビアン。このメキシコ代表MFはフル出場を果たした最近に2試合で1ゴール2アシストを記録している。2-0と勝利したインゴルシュタット戦では、チームの総シュート9本のうち7本に絡み、競り合い回数でも両チーム通じて最多をマーク。加入当初はやや苦戦を強いられたが、ついにチームにフィットしたようだ。

3)おかえり、ロッベン!

負傷で戦列を離れていたバイエルンのアリエン・ロッベンがようやくピッチに帰ってきた。ヘルタとの首位攻防戦で途中投入されると、すぐさま彼らしいプレーを披露。右サイドから中央へと切れ込み、左足で放ったシュートは鮮やかにゴールネットへ吸い込まれた。

これでロッベンのリーグ戦通算得点数は「78」。バイエルンの外国人選手としては同じオランダ人のロイ・マカーイに並ぶ歴代3位となった(歴代1位はジオバネ・エウベル、同2位は現ブレーメンのクラウディオ・ピサロ)。おかえりなさい、ロッベン!

4)まだまだ続くケルンの快進撃

第4節を終えてケルンが順位表の2番目につけている。よほどの楽天家でなければ想像しなかったであろう快進撃だが、ペーター・シュテーガー率いるチームは9月21日に行われたシャルケ戦に3-1で勝利、勝ち点を10まで積み上げた。2週間後に控えるバイエルンとのアウェーゲームは、首位攻防戦となるかもしれない。

5)ライプツィヒが目標を上方修正?

昇格組のライプツィヒがブンデスリーガで存在感を示している。メンヘングラートバッハをホームに迎えた第4節ではティモ・ベルナーのゴールで早々に先制。終了間際にファビアン・ジョンソンに同点弾を許したものの、第4節を終えていまだ無敗をキープしている。

ラルフ・ラングニックSDは今季の目標を「心配することのないシーズンにすること」と話していたが、それも軽くクリアしそうな勢い。今後もこの調子が続けば、目標の上方修正も視野に入ってくるだろう。