今季初のミッドウィーク開催となった第4節の2日目。最大の注目カードはともに開幕3連勝を飾ったバイエルン・ミュンヘンヘルタ・ベルリンの一戦だ。白熱の首位攻防戦を期待したいところだが、ヘルタはバイエルン戦で目下10連敗中……。クラブ史上初の開幕3連勝の勢いが昨季王者にどこまで通用するか注目だ。

対戦トリビア

・バイエルンは前節のインゴルシュタット戦で3-1の逆転勝ちを収めた。これでアンチェロッティ監督は就任から公式戦6連勝。バイエルンの指揮官としてオットー・レーハーゲルが持つクラブ記録に並んだ。得失点差ではレーハーゲル政権時を上回り、クラブ史上最高のスタートとなった

・ヘルタはバイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナで9戦全敗

・今季公式戦で早くも9得点を挙げているロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)はただいま5試合連続ゴール中

・ヘルタがバイエルンのホームで最後に勝ったのは1977年のこと。その時は9-2と大勝したが、以降ミュンヘンでは21試合にわたって勝ち星から見放されている

・ヘルタの4選手にとっては再会の一戦。アレクサンダー・バウムヨハン、ゼバスティアン・ラングカンプ、ミッチェル・ワイザーの3人が古巣対戦となるだけでなく、サロモン・カルーはチェルシー(イングランド)時代の恩師と再会を果たすことになる

歴史的なデータ

・バイエルンは対ヘルタ戦10連勝中。その間に計30ゴールを挙げている

・バイエルンはヘルタ戦で目下384分連続無失点を継続中。これは対ヘルタ戦における最長記録

・ヘルタにとってバイエルンは最も引き分けの多い対戦相手で、これまで16試合で勝ち点1を分け合っている。加えて敗戦数も対戦カード別最多の通算37敗

・ヘルタはバイエルンとのリーグ戦で、対戦カード別最多となる「14」のPKを献上している。一方で、最も多くのPKを獲得しているのもバイエルン戦で、その数は12回

・ヘルタのカルーはアンチェロティ監督を誰よりも知っている選手。チェルシー時代の2009年から2011年まで同監督の下でプレーしていた

・バイエルンのホーム最大得点差勝利:7-3(1991年5月25日)

・ヘルタのアウェー最高成績:2-0(1977年10月29日)

・歴代最多観客数:7万5000人(※過去2度で直近は2015年11月28日)

予想ラインナップ

バイエルン・ミュンヘン(4-1-4-1)

マヌエル・ノイアー;フィリップ・ラーム、ジェローム・ボアテング、マッツ・フメルス、ダビド・アラバ;シャビ・アロンソ;トーマス・ミュラー、ヨシュア・キミッヒ、ティアゴ・アルカンタラ、フランク・リベリー;ロベルト・レバンドフスキ

ヘルタ・ベルリン(4-2-3-1)

ルン・ヤルステイン;ペーター・ペカリク、ゼバスティアン・ラングカンプ、ニクラス・シュターク、マービン・プラッテンハート;ファビアン・ルステンベルガー、ペア・シェルブレッド;ミッチェル・ワイザー、バレンティン・シュトッカー、原口元気;ベダド・イビシェビッチ