開幕3連敗とスタートで大きくつまずいたシャルケ。第3節を終えてまだ得点がないが、第4節では今季いまだ無失点のケルンをホームに迎える。ケルンは大迫勇也の3試合連続先発が濃厚。2勝1分けと好スタートを切っているだけでなく、アウェーのシャルケ戦で現在2連勝中と相性もいい。

対戦トリビア

・ケルンはシーズンをまたいで8試合無敗中(4勝4分け)。これほど長く無敗が続くのは25年ぶりのこと

・マークス・ワインツィアル監督はシャルケの指揮官として初めて開幕3連敗を喫した

・シャルケがまだ今季ノーゴールであるのに対し、ケルンはウォルフスブルクとともに第3節を終えて無失点をキープしている

・シャルケは現在リーグ戦で14試合連続失点中。クラブにとっては30年ぶりとなるネガティブな記録を更新している

・アントニー・モデステは前節のフライブルク戦で2ゴールの活躍。昨夏にケルンへ加入してからというもの、モデステが得点を挙げた16試合で勝ち点34を手にしている。1試合平均の勝ち点は「2.1」で、モデステがゴールを決めるとケルンの勝率はグンと上がる

歴史的なデータ

・シャルケはホームのケルン戦で目下2連敗中。それ以前は12試合負けなしだったが最近は分が悪い。ホーム3連敗となれば1980年代以来のこと

・ケルンは2年前のブンデスリーガに昇格して以降、シャルケと対戦した4試合で3勝を挙げている

・このカードは2006年4月に1-1で分けて以降、12試合連続で決着がついている。その内訳はシャルケの7勝、ケルンの5勝

・このカードでは先制点が勝利につながらないことがしばしば。1点ビハインドからの逆転勝利がシャルケは5回、ケルンに至っては6回もある

・シャルケのクラースヤン・フンテラーは、ケルンとの対戦7試合で5ゴール2アシストを記録。計7点に絡んでいる

・ケルンの対戦カード別成績で、引き分け回数が最も多いのは敵地でのシャルケ戦(13引き分け)

・シャルケのホーム最大得点差勝利:6-2(1971年9月1日)

・ケルンのアウェー最高成績:4-1(1983年2月19日)

・歴代最多観客数:6万2000人(2000年8月13日)

予想ラインナップ

シャルケ(4-2-3-1)

ラルフ・フェアマン;ベネディクト・ヘーベデス、ナルド、マティヤ・ナスタシッチ、アブドゥルラーマン・ババ;ベンジャミン・スタンブリ、ナビル・ベンタレブ;ブレール・エンボロ、レオン・ゴレツカ、マキシム・チュポモティング; クラースヤン・フンテラー

ケルン(4-4-2)

ティモ・ホーン;フレデリク・ソーレンセン、メアギム・マブライ、ドミニク・ハインツ、ヨナス・ヘクター;マティアス・レーマン、マーコ・ヘーガー;マーセル・リッセ、ジモン・ツォラー;大迫勇也、アントニー・モデステ