前節、試合終了間際の痛恨の失点でダルムシュタットとのヘッセンダービーを落としたアイントラハト・フランクフルト。9月17日の第3節では、対照的に劇的な逆転勝利を収めて波に乗るレーバークーゼンをホームに迎える。前節ハットトリックを達成したレーバークーゼンのジョエル・ポーヤンパロと、フランクフルトの守護神ルーカス・フラデツキーのフィンランド代表対決にも注目だ。

対戦トリビア

・今季すい星のごとく現れたレーバークーゼンのジョエル・ポーヤンパロは第2節を終えてすでに4ゴール。ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)と並んで得点ランキングのトップを走る

・ポーヤンパロはシュート4本で4得点と文字どおり“百発百中”で、出場時間もわずか30分。これだけ短い出場時間で4ゴールを決めた選手は過去にいない

・第2節時点でレーバークーゼンは全クラブの中で最もチームの平均年齢が低い

・フランクフルトホームで行われた同カードの直近8試合では、ホームチームとアウェーチームが交互に勝利を収めている。この順番でいくと今回はフランクフルトの勝利となるはず

・フランクフルトを率いるコバチ兄弟にとっては古巣対戦となる。兄で監督のニコは1996年から1999年までレーバークーゼンに所属し、リーグ戦77試合で8得点8アシストを記録。ブンデスリーガ準優勝を2度経験している。一方、弟でアシスタントコーチのロベルトは1996年から2001年まで在籍し、3度の準優勝を経験。リーグ戦127試合に出場して1得点を挙げている

・アレクサンダー・マイヤー(フランクフルト)はアウェーのレーバークーゼン戦で6試合4ゴールを挙げているが、ホームでは7試合ノーゴール

歴史的なデータ

・両チームはブンデスリーガでこれまで62回対戦しているが、スコアレスドローは一度もない

・この対戦では「引き分け」も少なく、フランクフルトのホームゲームで最後に引き分けたのは1996年3月、実に20年前までさかのぼる(その時のスコアは1-1)

・昨季のフランクフルトがホーム&アウェーの2試合で1ポイントも勝ち点を取れなかった相手はレーバークーゼンとメンヘングラートバッハのみ。レーバークーゼン戦では2試合とも3失点を喫している

・レーバークーゼンは対フランクフルト戦で15試合連続ゴールを奪っている

・レーバークーゼンは対フランクフルト戦で0-1から通算4勝を挙げているが、こうした逆転勝ちが4度もあるのはフランクフルトとのアウェー戦のみ

・フランクフルトのホーム最大得点差勝利:5-0(1982年8月24日)

・レーバークーゼンのアウェー最高成績:4-1(2005年8月7日)

・歴代最多観客数:5万1500人(2015年5月23日)

予想ラインナップ

フランクフルト(4-4-2)

ルーカス・フラデツキー - ティモシー・チャンドラー、ダビド・アブラハム、ヘスス・バジェホ、ババスティアン・オチプカ - 長谷部誠、オマール・マスカレル - アンテ・レビッチ、ミヤト・ガチノヴィッチ - アレクサンダー・マイヤー、ブラニミール・ルゴタ

レーバークーゼン(4-4-2)

ベアント・レノ - ティン・イェドバイ、ヨナタン・ター、アレクサンダル・ドラゴビッチ、ウェンデル - ユリアン・バウムガートリンガー、チャルレス・アランギス - ユリアン・ブラント、ケビン・カンプル - ジョエル・ポーヤンパロ、ケビン・フォラント