マインツの本拠地オペル・アレーナで行われるホッフェンハイムとの一戦。マインツホームでの両チームの対戦は、過去7試合のうち実に6試合で3ゴール以上が生まれており、今回もゴールラッシュが期待できそうだ。点の取り合いを制してシーズン初勝利を手にするのはどちらか?

対戦トリビア

・U-23ドイツ代表としてリオデジャネイロ・オリンピックで銀メダルを獲得したジェレミー・トーリヤン(ホッフェンハイム)がブンデスリーガ初出場を果たした時の対戦相手はマインツ。2013年10月のことで試合は2-2で引き分けた

・マインツのチーム別対戦成績を見ると、対ホッフェンハイムを上回る好成績を残しているのは対ダルムシュタットとフライブルクのみ

・しかしながら、マインツのマーティン・シュミット監督は、ホッフェンハイムと対戦した3試合のうち2試合で黒星を喫している

・ホッフェンハイムがマインツとのアウェーゲームで快勝を収めたのは4-0で勝利した2011年9月の一度だけ。当時はホルガー・スタニスラウスキー監督がチームを指揮していた

歴史的なデータ

・マインツはホームでのホッフェンハイム戦の相性が良く、現在4試合連続で勝ち点を挙げている(2勝2分け)

・前回の対戦はホッフェンハイムのユリアン・ナゲルスマン監督のホーム初采配だった。その時は3-2でホッフェンハイムが勝利している

・昨季前半戦の対戦ではマインツのユヌス・マリが3試合連続ゴールを達成。ハットトリックの大活躍を見せて3-1の勝利に貢献した。マインツ選手の3試合連発はアダム・サライ以来だった

・2013年10月の対戦ではホッフェンハイムが2-0とリードしたものの、マインツは残り10分でマキシム・チュポモティングとユヌス・マリがゴールを決めて同点に追いついた

・2015年2月の対戦では元マインツのオイゲン・ポランスキが古巣相手にリーグ戦では唯一となるヘディングシュートを決めた。試合もホッフェンハイムが2-0で勝利している

・マインツのホーム最大得点差勝利:3-0(2012年10月27日)

・ホッフェンハイムのアウェー最高成績:4-0(2011年9月10日)

・歴代最多観客数:3万1500人(2011年9月10日)