代表ウィークが終わり、ようやく再開したブンデスリーガ。この週末に行われる第2節では多くのチームが今季の試金石となりそうな一戦を迎える。開幕戦での勝利をスタートダッシュへとつなげるのはどのチームか? 開幕戦でつまずいたチームはそれを帳消しにできるのか? 第2節の注目すべき4つの豆知識を紹介する。

“ヨナタン・ハイメス・シュタディオン”での初戦

ダルムシュタットはお隣に本拠地を構えるアイントラハト・フランクフルトをホームに迎え、今季最初の大一番に臨む。

ダルムシュタットは先日、がんのため今年3月に死去したサポーターの名前を取って、ホームスタジアム名を“ヨナタン・ハイメス・シュタディオン”に変更。新名称が名づけられたスタジアムのこけら落としとなる一戦での必勝を誓う。昨季の対決ではフランクフルトに勝ち点3を持ち帰られただけに、その思いはなおさらだ。

一方、フランクフルトのアレクサンダー・マイヤーにとっても、この一戦は特別なダービーとなりそうだ。2014/15シーズンのリーグ得点王はこの一戦でクラブ通算250試合目を迎えることになり、同クラブの出場記録で歴代10位にランクインする。

ケルンのモデステはお得意様との対戦

ケルンのFWアントニー・モデステ(ケルン)の得意な対戦相手を挙げるとしたらウォルフスブルクだろう。これまで6試合で5ゴールを挙げており、1試合あたりの得点率は「0.8」の計算になる。しかしながら、ケルンはウォルフスブルクを苦手としており、現在は8試合連続勝ち星なし。これほど長く勝利から遠ざかっている対戦相手は他にいない。

もっとも、ケルンは開幕戦でダルムシュタットに快勝しており、弾みをつけて敵地に乗り込む。指揮を執るペーター・シュテーガー監督も「チームは成長しており、どの試合でも勝ち点獲得を目指している。最近のウォルフスブルクとの試合はいつも興味深い展開になっている」と相性の悪さを悲観してはいない。

絶好調ボルシアMGは苦手を克服できるか

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)は、今季ここまでの公式戦4試合すべてで勝利を挙げている。チャンピオンズリーグのプレーオフでヤング・ボーイズ(スイス)に2試合トータル9-2で本戦出場を決めると、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)、ブンデスリーガ開幕戦でも勝利を重ねた。

ただし、第2節は複雑な思いとともにフライブルクへと向かうことになりそうだ。というのも、対フライブルク戦では8試合連続で勝ち星が取れていないどころか、現在6連敗中と際立って相性が悪い。フライブルク相手に最後に勝ち点3を獲得したのは、14年前までさかのぼらなければならない。

ドルトムントの激戦区。2列目を射止めるのは?

ドルトムントはトーマス・トゥヘル監督の下で着々と戦力を補強。その結果、1トップのピエールエメリック・オバメヤンの後ろを陣取る2列目には、マリオ・ゲッツェ、アンドレ・シュアレ、クリスチャン・プリシッチ、香川真司、ウスマン・デンベレ、エムレ・モルと、数多くの選手がひしめき合うことに。

トゥヘル監督のうれしい悲鳴が聞こえてきそうだが、3つの席をめぐる激しいポジション争いを制し、ライプツィヒ戦でスターティングメンバーの座を射止めるのは誰か?