Summary

  • ブンデスリーガ第11節、レーバークーゼンとライプツィヒが対戦
  • 両チームはリーグ戦初顔合わせ
  • ライプツィヒは引き分け以上で暫定首位に浮上

前節、今季7勝目を挙げて首位バイエルン・ミュンヘンに勝ち点で並んだライプツィヒ。他のカードに先駆けて金曜に行われるレーバークーゼン戦で引き分け以上の結果を残せば、クラブ史上初の首位に躍り出る。開幕10戦無敗という昇格組として史上2クラブ目の快挙を成し遂げたライプツィヒは、首位獲りを成功させてブンデスリーガの歴史に新たな1ページを加えられるか。

対戦トリビア

・ライプツィヒは今季アウェーゲームで3勝2分け。敵地でリーグトップの勝ち点11を稼いでいる

・ライプツィヒは現在リーグで唯一の5連勝中

・今季のライプツィヒをしのぐ成績を残した昇格チームは過去に1チームだけ。カイザースラウテルンは1997/98シーズンに第10節終了時点で勝ち点25を獲得し、最終的にリーグ優勝を達成した

・今季はライプツィヒの他、バイエルンとホッフェンハイムも開幕から無敗をキープ。第10節を終えて3チームが負けなしなのはブンデスリーガ史上初めてのこと

歴史的なデータ

・レーバークーゼン対ライプツィヒはブンデスリーガ通算896通り目のカード

・レーバークーゼンにとってライプツィヒはブンデスリーガ通算46チーム目の対戦相手

・ライプツィヒをホームタウンとするクラブでは、1993/94シーズンにブンデスリーガに参戦したVfBライプツィヒがレーバークーゼンに2戦2勝(3-1、3-2)を収めている

・レーバークーゼンがブンデスリーガの試合でザクセン州に本拠を置くクラブをホームに迎えるのは、1995年5月のディナモ・ドレスデン戦以来

予想ラインナップ

レーバークーゼン(4ー4ー2)
レノ;ヘンリクス、ター、トプラク、ウェンデル;カンプル、アランギス、バウムガートリンガー、ブラント;チチャリート、フォラント

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;イルサンカー、オーバン、コンペア、ハルステンベアク;ザビッツァー、デメ、ケイタ、フォースベルク;ウェアナー、パウルゼン