Summary

・ブンデスリーガ第11節初日レーバークーゼン対ライプツィヒ

・レーバークーゼン、2度のリード奪うも逆転負け

・ライプツィヒが暫定ながら首位に浮上

11月18日、ブンデスリーガ第18節初日が行われ、レーバークーゼンは本拠地で、今季クラブ史上初昇格のライプツィヒと対戦し、2-3で逆転負けした。

レーバークーゼン 2-3 ライプツィヒ

試合が動いたのはキックオフから1分後、左のウェンデルが縦に運び、中のジャルハノーウルに預けると、そのままダイレクトで左前方へスルーパスが出る。そこに走り込んだブラントがゴール前へセンタリングを入れ、カンプルが押し込み、レーバークーゼンが幸先良く先制点を奪った。

しかし4分、ライプツィヒが左CKを獲得し、フォースベルクがニアサイドに低い弾道のボールを送ると、こぼれ球がバウムガートリンガーの右太ももに当たってネットへ。オウンゴールにより、試合は振り出しに戻ってしまう。

さらにライプツィヒは12分、ウェアナーが左サイドを抜け出しセンタリングを試みたが、ターがスライディングでブロック。33分にもウェアナーがドリブルでターを振り切り、縦にボールを運んだ後にグラウンダーのセンタリングを送るも、パウルゼンのシュートはトプラクが防いでいる。

すると前半ロスタイムの2分、左サイドからジャルハノーウルが裏へロングボールを蹴り、ブラントが最終ラインを突破。ペナルティーエリア左から冷静にシュートを決め、レーバークーゼンが1点をリードし、前半の戦いを終えた。

後半に入り、最初のビッグチャンスはレーバークーゼンだった。53分、ブラントがイルサンカーに倒されてPKを獲得し、ジャルハノーウルがキッカーを務めたが、右へ蹴られたボールをグラシが完璧にセーブ。レーバークーゼンは追加点の絶好機を逃してしまう。

するとライプツィヒは67分、ケイタが自陣でフォースベルクに渡すと、そのまま一気にスピードに乗り、ペナルティーエリア手前まで運んだところで豪快なミドルシュート。ボールが不規則に揺れたためGKレノはパンチングで防ぎきれず、再び試合は2-2の同点となった。

その1分後、レーバークーゼンも素早く縦に運び、右からカンプルがマイナスのセンタリング。ゴール右からバウムガートリンガーが強烈なダイレクトシュートで狙うも、グラシが右手1本でこれを弾きだす。

しぶとさを見せるライプツィヒは、さらに81分、右CKの跳ね返りをカンプルに拾われるも再び高い位置で奪い返し、右サイドへ展開。フォースベルクがファーサイドへ蹴ったセンタリングをオーバンが頭で叩きこみ、ライプツィヒがこの試合初のリードを奪うことに成功した。

2度のビハインドを追いつき、終了10分前に値千金の決勝弾を決めたライプツィヒがこのまま3-2で勝利し、勝ち点3を獲得。今シーズン初のブンデスリーガを戦っている同クラブは、なんと開幕から11戦無敗を記録しており、暫定ながらバイエルン・ミュンヘンを上回って、ついに首位へ浮上した。

【得点】

レーバークーゼン:カンプル(1分)、ブラント(45分)

ライプツィヒ:オウンゴール(4分)、フォースベルク(67分)、オーバン(81分)


【ラインナップ】

レーバークーゼン(4-4-2)
レノ;ヘンリクス、ター、トプラク、ウェンデル;カンプル、バウムガートリンガー(82分 ハベルツ)、アランギス、ブラント;ジャルハノーウル(64分 フォラント)、メーメディ(74分 チチャリート)

ライプツィヒ(4-4-2)
グラシ;イルサンカー、オーバン、コンペア(30分 シュミッツ)、ハルステンベアク;ザビッツァー、ケイタ、デメ、フォースベルク(90分 カイザー);パウルゼン(64分 ブルケ)、ウェアナー