2016/17シーズンのブンデスリーガは、新記録誕生を予感させるスタートとなった。開幕戦に登場した昨季王者バイエルン・ミュンヘンブレーメンを6−0で撃破。開幕戦での「6」点差勝利はブンデスリーガ史上、最大の数字になる。

優勝候補にふさわしいスタートを切ったバイエルン最大のライバルはドルトムント。こちらも今季初戦はマインツに2−1で競り勝ち、トーマス・トゥヘル監督の下でホームでの無敗記録を「22」まで伸ばした。

6点差、22試合連続……今季初戦の戦いを数字に注目して振り返ってみる。

「1」

ジョエル・ポーヤンパロ(レーバークーゼン)とボビー・ウッド(ハンブルガーSV)は、ともにブンデスリーガでの初シュートを初ゴールで祝福。ダニエル・ディダビもウォルフスブルクに加入して初めて放ったシュートがゴールへとつながった。

「4」

アイントラハト・フランクフルトはニコ・コバチ監督の就任以降、ホームゲーム5試合で4勝を挙げており、ホームでの強さが際立つ。

「6」

バイエルンがブレーメンに6−0と大勝したが、この6点差というのはブンデスリーガの開幕戦の歴史で最大の得点差勝利。かつて1974/75シーズンの開幕戦でオッフェンバッハ(現4部)が同じく6−0で勝ったことがあるが、その時の対戦相手は奇しくもバイエルンだった。

「15」

昨季の優勝チームにシーズン開幕戦の出場権が与えられるようになって15シーズン目を迎えたが、これまでの王者の開幕戦成績は12勝3分。一度として負けたことがない。さらに現在は8連勝中である。

「12」

上記の開幕戦15試合の中でバイエルンがシーズンのゴール第1号を決めたのは、今季で12度目となり、もちろん最多。今回はシャビ・アロンソの先制ゴールがシーズン初ゴールとなった。

「22」

ドルトムントはトーマス・トゥヘル監督の下、いまだホーム無敗。開幕節の勝利で、ホーム無敗は22試合連続となった。

「2800」

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)のアンドレ・ハーンがレーバークーゼン戦で決めた先制点は、クラブのブンデスリーガ通算2800得点目という記念すべきゴールだった。