Summary

  • ケルンが9月のクラブ月間最優秀選手を発表
  • 投票で44%の支持を集めた大迫が初受賞
  • 10月の候補はモデステ、リッセ、マブライ

ケルンの大迫勇也がクラブ公式サイトでの投票による9月のクラブ月間最優秀選手に輝いた。大迫は9月のブンデスリーガ全4試合に先発出場し、2ゴール1アシストをマーク。第4節のシャルケ戦と第5節のライプツィヒ戦で2試合連続で貴重な同点弾を決めるなどチームの躍進に大きく貢献した。

9月のMVP候補には、現在11ゴールで得点ランキングのトップを走るアントニー・モデステ(9月は3ゴール1アシスト)、キャプテンのマーセル・リッセも名を連ねていたが、44%の支持を集めた大迫が堂々の初受賞。日本代表復帰と合わせてダブルの朗報となった。

クラブは同時に10月の月間最優秀選手候補3選手も発表。10月の候補にはモデステ、リッセ、メアギム・マブライがノミネートされている。